ページTOPへ
メンバーサイト-TOP MDBセミナー

MDBセミナー

実施予定のセミナー

MDBでは、メンバーを対象とした講演会・セミナーを年間20本以上開催しております。 現在、そして今後注目されるマネジメント・マーケティング課題をテーマに専門家を講師として招聘し実施する500~600人規模の講演会、また、「情報収集・活用方法」「マーケティングリサーチ入門」などメンバー様のスキルアップのサポートを目的に実施する100~200人規模のセミナーまで多彩なラインナップで実施しています。

2017年12月

2017年度 第17回 MDBセミナー
パラダイムシフトを見据えた「ビジョン構築」の考え方
−経営ビジョン、事業ビジョン、事業開発ビジョン−

プログラム

1.ビジョンはなぜ必要か?
2.パラダイムシフトとは?
3.パラダイムシフトがもたらす危機感
4.パラダイムシフトを重視したビジョンの立て方とそのポイント
5.パラダイムシフトの情報収集事例と検索時のポイント
6.『ビジョン構築支援プログラム(仮称)』の紹介

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
戦略コンサルティングセンター チーフコンサルタント
金子 恭久 氏
会 期 2017年12月20日(水) 10:00〜11:30
会 場 中央大学 駿河台記念館 2階
ご招待人数 3名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年12月11日(月)
2017年12月13日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

《名古屋》未来予測による新商品・新事業創出セミナー

プログラム

【第1部】

1. 注目している・されているビジネス分野
2. 20●●年が注目されている理由
3. 未来予測と情報収集活動
4. 未来予測を考える上でのキーポイント

【第2部】

1. 新事業創出はマーケティングが出発点
2. 経営資源を分析し、強みの軸足を決める
3. トレンドから自社の事業機会を発掘するプロセス
4. 未来予測による事業創造プログラム

【大阪開催】

講師 【第1部】
菊池 健司
株式会社日本能率協会総合研究所
MDB事業部 コンサルティングサービス部 部長

【第2部】
池田 裕一 
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター  チーフ・コンサルタント
会 期 2017年12月19日(火)14:00〜16:45(13:30受付開始)
会 場 電気文化会館 5Fイベントホール(名古屋市中区栄2-2-5)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年12月12日(火)
2017年12月13日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

市場情報と特許情報を融合した新事業開発の考え方

プログラム

【第1部】
1. 意外に知られていない市場情報の種類と収集法
2. 知っておかないと損をする最新ビジネス情報探索トレンド
3. 新規事業を成功させる「大切な考え方」
4. MDB情報コンサルタント特選!「お勧め情報源のご紹介」

【第2部】
1. 知っておきたい新規事業開発に使える特許情報の特徴
2. 新規事業開発のタイプと市場情報・特許情報の使い分け
3. 保有技術をベースとした新規事業開発の考え方
4. 市場情報・特許情報を融合した新規事業開発の仮想事例



[講師略歴]

【第1部】
菊池 健司
1990年日本能率協会総合研究所入社、マーケティング・データ・バンク(MDB)所属。民間企業、官公庁、独立行政法人、大学、自治体等からの要請に応じ、公開情報を中心とした情報提供に携わっている。情報収集手法に関する個別企業・団体へのアドバイスや各地での講演活動を多数行っている。近年、新規事業・ビジネスプラン策定に関する民間企業からの相談に対し、個別に支援を行うケースが急増している。

◆講演実績
日経ビジネス主催セミナー
東洋経済新報社主催セミナー
機能性フィルム研究会
九州経済調査協会
日本私立大学連盟他

【第2部】
野崎 篤志
日本技術貿易株式会社 IP総研コンサルティングソリューションGのマネージャーを経て、ランドンIPの日本オフィス立上げ時に参画。シニアディレクター(日本事業統括部長)として同社の業績拡大、ブランド構築に貢献。2017年5月、株式会社イーパテントを設立し、代表取締役に就任。

東京理科大学大学院 イノベーション研究科 非常勤講師
K.I.T.虎ノ門大学院 イノベーションマネジメント研究科 客員准教授

【大阪開催】

講師 【第1部】
菊池 健司
株式会社日本能率協会総合研究所
MDB事業部 コンサルティングサービス部 部長

【第2部】
野崎 篤志 
株式会社イーパテント
代表取締役 知財情報コンサルタント
会 期 2017年12月18日(月)14:00〜16:30(13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール(大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年12月12日(火)
2017年12月13日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年度 第16回 MDBセミナー
〜MDB情報コンサルタントが教える〜
アジアを中心とした海外ビジネス情報収集法

プログラム

・最近の日系企業の海外ビジネス展開トレンド
・海外ビジネス情報収集のセオリーと留意点
・押さえておくべき情報源
・現地語情報の優位性
・ケーススタディ

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
情報サービス部 情報コンサルタント
若林 向平
会 期 2017年12月8日(金) 10:00〜12:00
会 場 中央大学 駿河台記念館 2階
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年11月29日(水)
2017年12月1日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年度第15回MDBセミナー
〜MDB情報コンサルタントが教える〜
「消費トレンド」情報収集のための目のつけどころ

プログラム

・MDBにおける調査依頼の傾向
・マーケティング情報の種類と収集手段
・消費トレンド情報収集におけるポイント
・消費トレンドを見る際の発想の広げ方
・ケーススタディ
・今後注目の消費トレンド
・すぐに使える!消費トレンド収集に役立つ情報源

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
情報サービス部 情報コンサルタント
吉田 理世
会 期 2017年12月1日(金) 10:00〜12:00(受付開始予定9:30)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年11月21日(火)
2017年11月22日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年11月

★第14回MDBセミナー
≪新事業開発シリーズ6≫(最終回/全6回)
出口戦略としての事業化計画と実施準備
〜新規事業アイデアを事業成功に導く道筋〜

プログラム

◇ 新規事業の出口戦略と落とし穴
◇ カスタマーバリューサイクルと市場参入オプション評価
◇ 戦略モジュールによるビジネスモデル構築
◇ 顧客検証活動とパートナー探索活動
◇ コミュニケーションツールとしてのピッチ資料と事業計画書作成のポイント

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
経営戦略センター チーフコンサルタント
栗栖 智宏 氏
会 期 2017年11月22日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 3名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年11月14日(火)
2017年11月15日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】未来予測による新商品・新事業創出セミナー

プログラム

【第1部】

1. 注目している・されているビジネス分野
2. 20●●年が注目されている理由
3. 未来予測と情報収集活動
4. 未来予測を考える上でのキーポイント

【第2部】

1. 新事業創出はマーケティングが出発点
2. 経営資源を分析し、強みの軸足を決める
3. トレンドから自社の事業機会を発掘するプロセス
4. 未来予測による事業創造プログラム

【大阪開催】

講師 【第1部】
菊池 健司
株式会社日本能率協会総合研究所
MDB事業部 コンサルティングサービス部 部長

【第2部】
池田 裕一 
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター  チーフ・コンサルタント
会 期 2017年11月20日(月)14:00〜16:45(13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール(大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年11月13日(月)
2017年11月14日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

《広島開催》R&D起点の新事業テーマ探索の進め方

プログラム

「R&D起点の新事業テーマ探索の進め方」〜未来構想法を活用して〜

1.R&D部門におけるテーマ探索の現状
 ・新たな価値創りに関する実態調査より

2.新事業テーマ探索手法
・様々な新事業テーマ探索手法の紹介
・技術起点のテーマ探索手法
・市場起点のテーマ探索手法

3.未来構想法とは
 ・未来構想法の考え方
 ・未来構想法の進め方

4.未来構想実践事例紹介

【大阪開催】

講師 山中 淳一
株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
技術戦略センター チーフ・コンサルタント
会 期 2017年11月14日(水)14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 広島YMCA国際文化センター 3号館 2F(広島市中区八丁堀7-11)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年11月7日(火)
2017年11月8日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第13回MDBセミナー
図解・チャート思考・表現力に気づく
〜図解・チャートを「思考や表現に活用し」分析・発想・提案する〜

プログラム

1.図解・チャート思考・表現力に意識を向ける
2.思考を伝えるための目的、意味を捉える
3.先人の知恵を知る、学ぶ、活かす
  思考を明確に伝える基本ツール・フォーマット
4.図解・チャートを思考段階でも活用する

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
エンパワー ソリューションセンター
笠井 洋 氏
会 期 2017年11月10日(金) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年10月31日(火)
2017年11月2日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年10月

★第12回MDBセミナー
≪新事業開発シリーズ5≫(全6回)
企画アイディアからビジネスプランへの練り上げ方
‐短期収益確保と長期ビジョンとをいかに両立させるか-

プログラム

◇ 商品・モノではなく、事業・ビジネスとして広く捉え直す
◇ 戦略的なフォーカスエリアを設定するビジネス俯瞰図
◇ 技術開発と市場展開の連動計画・事業展開のシナリオづくり
◇ 事業開発リスク低減と、開発効率とを両立させる
  開発プラットフォーム構想・国際分業の仕組み検討

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター
高橋 儀光 氏
会 期 2017年10月31日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 3名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年10月23日(月)
2017年10月24日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】グローバル時代を勝ち抜くための海外ビジネス情報収集セミナー

プログラム

【第1部】海外情報収集入門セミナー
◇海外情報収集時の考え方
◇海外情報の情報源
◇海外情報の収集手段
◇情報収集事例と留意点
◇MDBアジア現地情報サービス

【第2部】海外市場調査(カスタム・リサーチ)の考え方と活用方法
◇海外市場調査(カスタム・リサーチ)ができること
 ・カスタムリサーチの概要
 ・リサーチ・コンサルティングの使い分け

【第3部】具体的事例でみる海外情報収集・市場調査の活用パターン
◇製品・事業の進出地域の検討
◇進出済み地域の市場性とシナリオ再構築の検討
◇進出地域での積極展開施策の検討
◇その他

【大阪開催】

講師 【第1部】
鈴木 芳仁
株式会社日本能率協会総合研究所
MDB大阪 情報サービス室 室長
情報コンサルタント

【第2部】【第3部】
折間 賢一
株式会社日本能率協会総合研究所
グローバルリサーチ部 海外市場調査室 室長
会 期 2017年10月25日(水)13:30〜16:40 (13:00受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール (大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年10月17日(火)
2017年10月18日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第11回MDBセミナー
〜「2020年の先の先」を見据える〜
未来予測による新事業創造の考え方と進め方

プログラム

<第1部>
1. 「未来」セクション設立ラッシュの背景
2. 注目のビジネス分野と思わぬ盲点
3. 未来予測と情報収集活動
4. MDB予測ライブラリ2050にみる未来予測資料の傾向

<第2部>
1. MDB/JMACがとらえるメガトレンド
2. 事業機会データベースの作成ステップ
3. 産業・社会ニーズ・技術トレンドと事業機会
4. 事業機会から開発テーマへの結びつけ

【東京開催】

講師 <第1部>
株式会社日本能率協会総合研究所
MDB事業部コンサルティングサービス部
菊池 健司

<第2部>
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター チーフコンサルタント
池田 裕一 氏
会 期 2017年10月11日(水) 13:30〜16:00(13:00受付開始)
※本セミナーは通常と異なり、午後の開催となります。
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 3名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年10月2日(月)
2017年10月4日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年9月

★第10回MDBセミナー ≪新事業開発シリーズ4≫(全6回)
仮説構想による事業テーマ策定
−顧客価値を鮮明にしたアイデアの具体化を−

プログラム

◇ テーマ着眼から、顧客価値発掘へ
◇ 仮説を練り上げる 「見える化と知恵集め」
◇ 先行提案とリバウンド分析のすすめ方
◇ 事業化実現ストーリーを描いてみよう

----------------------------------------

≪新事業開発シリーズ≫第4回の今回は、社外(顧客)起点、社内起点の二つのアプローチから発想したアイデアを、「どのように事業テーマとして組み立て、具体化していくか」をテーマにお話しします。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
R&D組織革新センター
庄司 実穂 氏
会 期 2017年9月26日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年9月14日(木)
2017年9月19日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【名古屋開催】R&D起点の新事業テーマ探索の進め方

プログラム

〈プログラム予定〉

1.R&D部門におけるテーマ探索の現状
 ・2015年新たな価値創りに関する実態調査より

2.新事業テーマ探索手法
・様々な新事業テーマ探索手法の紹介
・技術起点のテーマ探索手法
・市場起点のテーマ探索手法

3.未来構想法とは
 ・未来構想法の考え方
 ・未来構想法の進め方

4.未来構想実践事例紹介

【大阪開催】

講師 山中 淳一
株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
技術戦略センター チーフ・コンサルタント
会 期 2017年9月12日(火)14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 名古屋国際センター 別棟ホール(名古屋市中村区那古野一丁目47-1)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年9月1日(金)
2017年9月4日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】R&D起点の新事業テーマ探索の進め方

プログラム

〈プログラム予定〉


1.R&D部門におけるテーマ探索の現状
 ・2015年新たな価値創りに関する実態調査より

2.新事業テーマ探索手法
・様々な新事業テーマ探索手法の紹介
・技術起点のテーマ探索手法
・市場起点のテーマ探索手法

3.未来構想法とは
 ・未来構想法の考え方
 ・未来構想法の進め方

4.未来構想実践事例紹介

【大阪開催】

講師 山中 淳一
株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
技術戦略センター チーフ・コンサルタント
会 期 2017年9月11日(月)14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪国際交流センター 2F 大会議室さくら(大阪市天王寺区上本町8-2-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年9月1日(金)
2017年9月4日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第9回MDBセミナー ≪新事業開発シリーズ3≫(全6回)
「社外の有望技術」を起点とした新事業探索の考え方・進め方

プログラム

・オープンイノベーションの取り組みのパターン
・社外の有望技術を起点とした新事業探索のフレーム
・有望技術の目利きと社外技術自社化による差別化
・有望技術探索の進め方
・有望技術を起点とした新事業構想・事業性評価の進め方

----------------------------------------

≪新事業開発シリーズ3≫となる今回は、新事業のネタつくり、探索フェーズにおけるシーズの抽出・設定のための「社外有望技術の活用」についてお話しします。

自社の持つ強みやシーズは必要です。ただ、それだけを発想の起点にすると改善・変更のためのアイデア抽出に偏ってしまい「競争力のある新規事業のタネ」を見つけることは難しくなります。

より広い視点を持って、社会を変化する可能性のある技術や成長市場を探索し、そこに自社の強みを加えて差別化する方法を検討することにより、独自性をもった新規事業開発のテーマを発想することができます。

拡散しがちな「社外技術の探索」を行う際のポイント、自社の強み評価の方法、それらをどのように事業テーマ発想に収斂するのか、といった実践的な内容について、支援経験が豊富なコンサルタントがお話しいたします。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター
小田原 英輝 氏
会 期 2017年9月4日(月) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年8月27日(日)
2017年8月29日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年8月

★第8回MDBセミナー
ロングセラー商品を創る・戦わずに売る
「新市場創造型商品=MIP」開発の考え方

プログラム

★午後開催のセミナーです。開催時間にご注意ください。★

<強い売りモノを創る>
1.「強い売りモノ」とは何か
2.消費者はなぜモノを買うのか
3.消費者のどんなニーズに応えたら「強い売りモノ」が創れるか
4.どうしたらロングセラーになるか

<天まで伸ばす>
5.企業は聖域を目指せー聖域化理論ー
6.戦わず共存共栄の未来図ー協力のシェアリングー
7.成功率は高められる

<「常識」の呪縛からの解放> -メラキ直り-

----------------------------------------

第8回MDBセミナーでは、(社)日本市場創造研究会代表理事の梅澤伸嘉先生をお迎えし「ロングセラー商品の創り方」をテーマにご講演いただきます。

講師の梅澤先生は、サンスター、ジョンソンに在職中にヒット商品を連発、独立後も「禁煙パイポ」をはじめ、多数のロングセラー商品を開発しています。
発売後30年以上経た今も強力なトップブランドとして君臨する「新市場創造型商品」を数多く開発した「ロングセラー商品開発」の専門家です。

多産多死が常識の商品開発とは決別し、コンスタントにロングセラー商品を創出するための画期的なメソッドを体系化。
さらに近年では「創る」だけではなく、その後の市場拡大へのメソッドについても体系化され発表されています。

今回のMDBセミナーでは「新市場創造型商品」の創り方から、戦わずに売って市場を拡大するまでを「ひとつの流れ」として、「ロングセラー商品」開発までの『梅澤理論』を解説いただきます。

商品企画、マーケティングに携わる方のみならず、経営計画、営業、研究開発の方々にも示唆に富んだ内容の講演です。

★午後開催のセミナーです。開催時間にご注意ください。★

【東京開催】

講師 (社)日本市場創造研究会 代表理事
商品企画エンジン株式会社 代表取締役会長
梅澤 伸嘉 氏
会 期 2017年8月1日(火) 13:00〜15:00(12:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年7月24日(月)
2017年7月26日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年7月

★第7回MDBセミナー ≪新事業開発シリーズ2≫(全6回)
『アイデア探索は「顧客と未来を描くこと」から始める』

プログラム

1.現状の延長線を否定して未来像を考える思考法
 イノベーション≠インベンション
 イノベーションは、今の延長線でないことを考えること
 未来構想によるアイデア探索
 変化した後の世界をイメージして、事業アイデアを考える

2.変化を前提に考える思考法
 アンゾフのマトリックスの新しい解釈
 自業界の“景色を変える”要因は、参入者・侵入者
 次の土俵で考える

3.まとめ
 未来のリアルワールドを考えること

----------------------------------------

今年度のMDBセミナーでは、≪新事業開発シリーズ≫として探索、企画、検証、シナリオ策定、事業計画などの各フェーズごとに専門の講師を招き、掘り下げた内容で研究するシリーズ開催に取り組んでおります。

第2回では、新事業のネタつくり、探索フェーズにおけるニーズ仮説構築のための「未来構想」についてお話しします。
ひとくちに「未来構想」といっても、新事業開発の入口となる探索フェーズにおいては、単純に未来を予測したり、未来予測に関する文献を読むだけではなく、顧客の未来魅力価値が発揮できるシーンを実現するために、ともに考察、洞察することが重要となります。

未来像を考察するための様々なアプローチの例示、具体的なビジネスアイデアへの落とし込みかた、発想を阻害する要因を取り除く考え方など、実践的な内容について、支援経験が豊富なコンサルタントがお話しいたします。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
R&D組織革新センター
塚松 一也 氏
会 期 2017年7月27日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年7月19日(水)
2017年7月21日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【広島開催】新商品・新規事業を「成功」させるための情報収集手法と思考法

プログラム

〈プログラム予定〉

1. 知っておかないと損をする最新ビジネス情報探索トレンド

2. 意外に知られていない情報収集手法

3. 情報収集ケーススタディ

4. 「成長産業」をたぐり寄せるという発想〜優劣はここで生まれる〜

5. ビジネスを成功させるために知っておきたい「大切な考え方」

6. MDB情報コンサルタント特選!お勧め情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 菊池 健司
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク
コンサルティングサービス部 部長
会 期 2017年7月26日(水)14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 広島YMCA国際文化センター 3号館 2F(広島市中区八丁堀7-11)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年7月14日(金)
2017年7月18日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【福岡開催】新商品・新規事業を「成功」させるための情報収集手法と思考法

プログラム

〈プログラム予定〉

1. 知っておかないと損をする最新ビジネス情報探索トレンド

2. 意外に知られていない情報収集手法

3. 情報収集ケーススタディ

4. 「成長産業」をたぐり寄せるという発想〜優劣はここで生まれる〜

5. ビジネスを成功させるために知っておきたい「大切な考え方」

6. MDB情報コンサルタント特選!お勧め情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 菊池 健司
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク
コンサルティングサービス部 部長
会 期 2017年7月25日(火)14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 福岡県中小企業振興センター 301号室(福岡市博多区吉塚本町9-15)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年7月14日(金)
2017年7月18日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第6回MDBセミナー
『特許情報分析は「第2の企業分析手法」』
〜企業戦略にここまで使える『特許マーケティング』〜

プログラム

1.「特許マーケティング」とは?
  ―「特許情報」は企業の技術的な本音が反映された技術のビッグデータ
  ―「特許情報」分析の結果を企業の事業戦略、経営戦略、研究開発戦略等
   に活かすのが「特許マーケティング」

2.「特許情報分析」から何がわかるか?
  ―「特許情報」のここが「企業分析」「市場分析」に使える!
  ―「特許情報」をビッグデータとして分析すると何に役立つか?

3.「特許マーケティング」(特許情報分析)の活用事例
  ―事業開発部門の事例
  ―商品開発部門の事例
  ―事業企画・経営企画部門の事例

----------------------------------------

本セミナーは従来の知財部の方を対象とした「特許取得のノウハウ」や「知財戦略」についてのセミナーではありません。

これまで「特許情報」とはほとんどかかわりのなかった事業企画や新規事業、マーケティングや経営企画部門などの方々を対象に、「特許情報=企業の技術的な本音が反映されたビッグデータ」ととらえ、事業戦略の意思決定のために活用していくための考え方をご紹介します。

具体的には「特許情報分析」から、新規事業のテーマや新用途の探索に活用したり、自社の技術を評価してくれるアライアンス先探索など「特許情報分析」を第2の企業分析手法として活用した事例など含め具体的にご紹介します。

国内外を問わずグローバル市場で戦う企業にとって、特許情報分析は、まさに「第2の企業分析手法」です。
今後のマーケティングや事業戦略に有益な『特許マーケティング』の発想をながく本テーマに取り組んでこられた杉浦様からご紹介頂きます。

【東京開催】

講師 正林国際特許商標事務所
取締役 杉浦 伸夫 氏
会 期 2017年7月19日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年7月11日(火)
2017年7月13日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

「技術ロードマップ構築」セミナー

プログラム


「技術ロードマップ策定の進め方」

1.技術ロードマップとは
   ・経営戦略と技術戦略そして技術ロードマップ  
   ・技術ロードマップ構築における基本的考え方
2.技術ロードマップ策定の進め方
   ・技術ロードマップ策定の3つの視点
   ・マクロトレンドを起点とした技術ロードマップ策定
   ・外部環境調査を起点とした技術ロードマップ策定
   ・コア技術を起点とした技術ロードマップ策定
3.技術ロードマップ策定活動の事例紹介
   ・プロジェクト推進の考え方と進め方
   ・推進事例

【大阪開催】

講師 近藤 晋
株式会社日本能率協会コンサルティング
RD&Eコンサルティング本部長
兼 技術戦略センター長
シニア・コンサルタント
会 期 2017年7月5日(水)14:00〜16:30(13:30 受付開始)
会 場 大阪国際交流センター 2F 大会議室さくら(大阪市天王寺区上本町8-2-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年6月27日(火)
2017年6月28日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年6月

★第5回MDBセミナー ≪新事業開発シリーズ1≫(全6回)
『新事業開発スタートの前に考えておきたいこと』
〜押さえるべき全体像のポイント〜

プログラム

1.新事業開発の実態と課題
2.オープンイノベーションって?
3.新事業開発における押さえるべき全体像のポイント
4.実践企業の実例
5.今後のセミナーの要点

----------------------------------------

MDBメンバーの皆様におかれましては、事業開発・商品開発などの新たな取り組みに関わっている方は非常に多いのではないかと拝察します。

新事業開発との関わり方は「専門の部署にご所属」「〇%ルールのように日常業務にプラス」など様々かと思いますが、企業における「新しいこと」というのはどのように進められていくのかを深く考えてみようという主旨でセミナーを企画いたしました。

新事業開発のプロセスは長く多岐にわたります。
深く掘り下げた内容とするため「探索、企画、検証、シナリオ策定、事業計画など」各フェーズごとに専門の講師を招く《6回シリーズ》として開催することにいたしました。
通して参加すると事業開発の全貌が理解できます。
ご自身の業務に近いテーマだけでも、新事業開発における役割が身近に感じられるようになります。

第1回は導入、基調として、新事業開発というプロジェクトの全体像を把握するための勘所など、スタートまでに押さえておきたいポイントの解説、および実践企業はどういうやり方でプロジェクトを進めているか、などの事例分析を、支援経験が豊富なコンサルタントがお話しいたします。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
R&D組織革新センター
鬼束 智昭 氏
会 期 2017年6月28日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年6月20日(火)
2017年6月22日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

ビジネスモデル発想の新規事業構築セミナー

プログラム

1.成熟社会における新規事業の起し方
・すき間を探しても市場は無い
・社会課題から未来事業を構想する

2.新規事業検討でよく見受ける悩み
・モノ議論に白熱し、顧客は置き去り
・面白いという顧客が、お金を払うとは限らない

3.世の中に無い価値を発想する
・顧客の切実なニーズを捉える
・提供価値実現の制約を外す

4.持続的なビジネスモデルを検討する
・イノベーションカードで事業を組み立てる
・勝てる、儲かるストーリーを作る

5.事業化実践に向けて
・ビジネスモデルは育てるもの
・社内を巻き込み、外部の仲間を増やす

【大阪開催】

講師 栗栖 智宏
日本能率協会コンサルティング
経営戦略センター 
チーフ・コンサルタント
会 期 2017年6月12日(月)14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール (大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年6月1日(木)
2017年6月2日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第4回MDBセミナー 『次期中期計画に向けた新商品・新事業タネ探し』
〜経営計画上に位置づけ、取り組みを加速する〜

プログラム

●本セミナーは多くのお申し込みをいただき定員に達したため、お申し込みの受付を終了いたしました。

1、不確実性の時代における成長戦略
・成り行き予想での中計策定の限界
・非連続な変化に向けた成長シナリオ

2、次期中計のための新商品・新事業
・ビジョン策定と新商品・新事業探索の同時推進
・アイデア集めではなく新事業展開
・染み出しアプローチでなく布石アプローチ

3、新商品・新事業のタネ探しの実践
・機会損失からのタネ探し
 −見過されたニーズの掘り起こし
 −変化の兆しの発見
・顧客行動からのタネ探し
 −買われ方、使われ方分析
 −顧客の行動革新
・ベンチャービジネスからのタネ探し
 −ベンチャー企業の目線
 −社会課題の解決

4、事業に育てるための視点転換
・マクロトレンドから事業をとらえる
・異業種交流から事業をとらえる

5、展開シナリオの策定

----------------------------------------

新商品・新事業について「中期経営計画策定の側面から捉えてみよう」というのが、本セミナーの主旨です。

経営計画や経営ビジョンの中で、その位置づけを得ていくことで、新商品・新事業の推進や取り組みは本格化し「全社的な推進力」を持ちます。
また「位置づけを得る」ことで、経営陣からの強力な支援も得られやすくなってきます。見落とされがちですが、成果を出していくためには重要な視点です。
では、そのためには「どのように考え、どのように発想していくがよいのでしょうか?」
日本能率協会コンサルティングのベテランコンサルタントが、考え方や発想の広げ方・組み立て方を中心に解説いたします。

●新商品・新事業開発に取り組まれる皆様には・・
販売計画や事業モデルとして立案した活動成果を「どのように経営ビジョンとリンクさせ、実効性のあるものとするか?」

●経営企画に取り組まれる皆様には・・
未来予測、外部環境分析から得られたタネやヒントをいかに「自社にとって蓋然性のある新商品・新規事業として企画していくか?」

さらに、新商品・新規事業の企画策定だけでなく、経営計画としての具体性を持たせるための事業展開シナリオについても解説します。

新商品・新事業関連業務、経営企画系業務、どちらに携わる皆様にとっても有意義となるセミナーです。
多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。

----------------------------------------

●本セミナーは多くのお申し込みをいただき定員に達したため、お申し込みの受付を終了いたしました。

【東京開催】

講師 (株)日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター チーフ・コンサルタント
池田 裕一 氏
会 期 2017年6月7日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年5月23日(火)
2017年6月1日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年5月

【名古屋開催】新商品・新規事業を「成功」させるための情報収集手法と思考法

プログラム

1. 知っておかないと損をする最新ビジネス情報探索トレンド

2. 意外に知られていない情報収集手法

3. 情報収集ケーススタディ

4. 「成長産業」をたぐり寄せるという発想〜優劣はここで生まれる〜

5. ビジネスを成功させるために知っておきたい「大切な考え方」

6. MDB情報コンサルタント特選!お勧め情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 菊地 健司
株式会社日本能率協会総合研究所
MDB事業部
コンサルティングサービス部 部長
会 期 2017年5月16日(火)14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 電気文化会館 5Fイベントホール(名古屋市中区栄2-2-5)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年4月26日(水)
2017年4月27日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】新商品・新規事業を「成功」させるための情報収集手法と思考法

プログラム

1. 知っておかないと損をする最新ビジネス情報探索トレンド

2. 意外に知られていない情報収集手法

3. 情報収集ケーススタディ

4. 「成長産業」をたぐり寄せるという発想〜優劣はここで生まれる〜

5. ビジネスを成功させるために知っておきたい「大切な考え方」

6. MDB情報コンサルタント特選!お勧め情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 菊地 健司
株式会社日本能率協会総合研究所
MDB事業部
コンサルティングサービス部 部長
会 期 2017年5月15日(月)14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール (大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年4月26日(水)
2017年4月27日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第3回MDBセミナー 『勝てる新規事業領域を探る!ホワイトスペース戦略』

プログラム

1.新規事業の成功を決定づける要素
2.業界の事業ドライバー探索
3.事業ドライバーを生み出す価値の発見
4.業界価値の再定義
5.ホワイトスペースの特定
6.ホワイトスペースを活かしたアイデア創り

----------------------------------------

新規事業に取り組む際、未来予測などをみながら「今後の成長産業・成長市場のまわりのビジネスチャンス」を探す手法は多くの企業で、よく行われています。

今回のMDBセミナーでは、それとは異なる「もうひとつの手法」について、取り上げます。

その手法は「ホワイトスペース戦略」という考え方です。
レッドオーシャンになりがちな「成長市場周辺のビジネスチャンス」を追いかけるのではなく、
独自の事業開発領域「ホワイトスペース」を見つけ出すことを目指すものです。

講師は昨年のMDBセミナーでも大変好評を頂いた、GOBの山口高弘氏をお迎えします。

山口氏は、前職の野村総合研究所ではビジネス・イノベーション室を担当、ご自身でも数多くの事業立ち上げに携わり、現在も起業支援を中心とする業務を行っています。

今回は、その経験に裏打ちされたエッセンス・考え方を事例を含めながらわかりやすく解説して頂きます。

【東京開催】

講師 GOB Incubation Partners株式会社
代表取締役 山口 高弘 氏
会 期 2017年5月11日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年4月26日(水)
2017年4月28日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年4月

★第2回MDBセミナー 『組織を強くする「情報共有・活用プランニング」の考え方!』
〜システム導入よりも大切な「知識集約と情報共有」のための考え方〜

プログラム

ナレッジマネジメントを「システム導入を目的」と勘違いしないこと

共有化が進まない原因は「集団の社会的ジレンマ」

情報共有・活用推進の概略ステップ

「知識を集める」ではなく、「困りごとを集める」ことから始める

使えるナレッジにする5つの方法 / 有用なノウハウ・ナレッジの3要素

社内SNSでの新たな貢献 / 組織変革の原理

----------------------------------------

皆様のオフィスでは「各人が発信する情報や所有している知見、部門で共有する情報」をどのように蓄積、活用していますか。

「大切な情報ほど共有されていない」
「社内でも別々のルートで情報収集している」
「必要な知識は個人の手許にあって、残されていない」
といったお悩みをうかがうことがあります。

情報の収集、その蓄積、さらにその分析や有効活用による「社内共有の仕組み作り」というと「ITツールの導入」を検討しがちですが、その前にやっておかなければいけないことがあります。

同じようなツール・システムを導入しても、成果の出る会社や部門もあれば、そうでないところもあります。
ナレッジマネジメントの成否は、システムで決まるのではなく、マネジメントや推進の巧拙によって決まるようです。

本セミナーでは、長年にわたりナレッジマネジメントやプロジェクトマネジメントの改善を支援してきた日本能率協会コンサルティングの経験豊富なコンサルタントが、「その本質・陥りがちな問題点と解決法、推進のためのテクニック」などをお伝えします。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
チーフ・コンサルタント
塚松 一也 氏
会 期 2017年4月26日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年4月18日(火)
2017年4月20日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第1回MDBセミナー 『マーケティング情報収集入門』

プログラム

1.)マーケティング情報とは?
2.)マーケティング情報収集アプローチ
3.)情報源の特徴を掴む
4.)情報収集力を高めるためのポイント
5.)情報収集の流れがわかるCase Study

----------------------------------------

情報収集に基本のスキルがあることをご存じでしょうか?
マーケティング情報を効率的に収集し、ビジネスに活かすためにまずは何よりも「情報収集の基本スキル」を身につけることが重要です。

特にこれからの時代は、様々な業界情報を俯瞰的に収集する能力が間違いなく求められます。

本セミナーでは、ビジネスにおけるマーケティング情報収集の基本について、MDBの情報コンサルタントが豊富な事例を織り交ぜながら、わかりやすく解説いたします。

新人〜入社2、3年目の方はもちろんのこと、新事業・新商品開発等のセクションに新たに異動された方にも最適の内容です。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
伊藤 正啓
会 期 2017年4月20日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年4月12日(水)
2017年4月14日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年3月

★第16回MDBセミナー 『ソリューション営業の実践が「できる人・できない人」』
〜個人のセンスにゆだねない「実践する組織」の作り方〜

プログラム

1.ソリューション営業とは何か
2.ソリューション営業の実態
3.組織として、ソリューション営業が実践できるために必要なこと
4.ソリューション営業をバックアップする仕組み
5.事例紹介

----------------------------------------

多くの企業が「ソリューション営業」の実践に向けて活動しています。
一方で、現場には「ソリューション営業ができる人」と「できない人」がいます。
できる人は「最初からできる」、できないひとは「いつまでもできない」。
この違いは、いったいどこにあるのでしょうか。

また、組織として、常に「センスの良い営業担当者の新たな出現に期待している・・・・」
この状況を変えていくには、どうすれば良いのでしょうか?

本セミナーでは、日本能率協会コンサルティングの経験豊富なコンサルタントがソリューション営業を「組織として実践する」ために「何が必要なのか」、ソリューション営業を「組織としてバックアップする仕組み作り」について解説いたします。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
CS・マーケティング/セールス革新センター チーフ・コンサルタント
掛足 耕太郎 氏
会 期 2017年3月14日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年3月6日(月)
2017年3月8日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年2月

★第15回MDBセミナー 『チームで新しい価値を生み出すために』
〜価値創造に向けたチーム・エンパワーメント実践研究〜

プログラム

1.)チームで新しい価値を生み出す
  チーム・エンパワーメントの視点
2.)チーム・エンパワーメントの状態を見つめる
  〜チーム・エンパワー実態調査からの考察〜
3.)チーム・エンパワーメント・コンサルティング
  実践研究から教訓抽出

----------------------------------------

「事業を創造する」役割を持つリーダーと組織、高い期待とプレッシャーの中で、事業創造へ向けた動きを推進していくためには個人・チーム・組織の持っている力(パワー)を、最大限発揮できる状態にしていく事が大切です。

そのために注目されている考え方として「エンパワーメント」があります。
しなやかで強い組織を築くために、世の中のエンパワーメント研究と現場でのコンサルティング活動を勘案し、セルフ(個人)エンパワーとチーム(集団)エンパワーの2つの視点から解説を行います。

「個人、チームの可能性を最大化することで経営革新が促進される」という信念を持つコンサルタントが、コーチングやNLPなどの多様な考え方も視野に入れ、事例を交えて紹介いたします。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
エンパワーソリューションセンター
笠井 洋 氏
会 期 2017年2月28日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年2月20日(月)
2017年2月22日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【名古屋開催】〜「プロフィット・デザイン」という発想〜新商品・新事業開発の進め方セミナー

プログラム

持続的に利益を生み出す「新商品・新事業」の仕組み
 〜「プロフィット・デザイン」という発想〜

1.新商品・新事業に対するスタンスが変わった
  -1.良い製品・良いサービス、であっても成功しない
  -2.成功する新商品・新事業の新機軸

2.新商品・新事業を成功させるには“仕組み”が必要
  -1.新機軸を打ち出した企業に共通したスタンス
  -2.連続的に価値を提供する「プロフィット・ステップ」

3.新商品・新事業を成功させる3つの要素
  -1.フック:顧客を魅了する
  -2.ロック:顧客を離さない
  -3.チャージ:顧客の負担を軽くする

【大阪開催】

講師 横山 隆史
株式会社日本能率協会コンサルティング
シニアコンサルタント 
会 期 2017年2月17日(金) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 名古屋国際センター 別棟ホール(名古屋市中村区那古野一丁目47番1号) 
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年2月9日(木)
2017年2月10日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第14回MDBセミナー 『人と職場を元気にする働き方改革への第一歩』
〜「高負荷サイクルと閉塞感」からの脱出〜

プログラム

1.日常を直視すると”悪循環のサイクルに陥っている?(閉塞感?)
2.職はあるが場がない職場になっていませんか
3.「もやもや」が潜在化している
4.ビジネスの成功と人・組織の成長を同時に狙おう
5.解決のための4つの武器
6.今日から始める風土改革への一石

----------------------------------------

今回のセミナーでは、「人や組織が元気になる」と「ビジネスの成功」を同時解決する組織改革プログラムについて、経験豊富な経営コンサルタントが解説いたします。

また、改革に取り組む“4つの武器”など具体的な手法もとりあげ、分かりやすく組織風土活性化についてお伝えします。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
KIセンター長
中村 素子 氏
会 期 2017年2月9日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年2月1日(水)
2017年2月3日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2017年1月

官庁統計セミナー

プログラム

1. 官庁統計の基本
 -1. 情報源としての位置付け
 -2. 調査目的
 -3. 特徴(長所・短所)
 -4. 利用時の留意点

2. マーケティングでこんなに使える官庁統計
 -1. 官庁統計でわかること
 -2. インターネットと官庁統計
 -3. 活用・探索事例紹介
 -4. 応用事例紹介
 -5. 月次統計で景気動向を把握する

3. 官庁統計の最新動向

4. まとめ

----------------------------------------

官庁統計には、「宝の山」ともいうべきデータが満載です。
ビジネスの基本中の基本である各産業の市場規模の把握に始まり、今後の成長産業やライフスタイルの変化、技術動向等々…

Webサイトで得られる官庁データは増えていますが、独特の用語や情報量の豊富さゆえに欲しいデータになかなか辿りつけない、そんな経験をされたことがある方も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、官庁統計の基本やマーケティングにおける官庁統計の活用シーンについて、MDBの情報コンサルタントが事例を織り交ぜながらわかりやすく解説いたします。

新人〜入社2、3年目の方はもちろんのこと、官庁統計をビジネスに活かしたい皆様におかれましては、必ずやお役に立つ内容です。

【大阪開催】

講師 上田 純子
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク大阪
会 期 2017年1月25日(水) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール (大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年1月18日(水)
2017年1月19日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2016年12月

★第13回MDBセミナー 『アセアン市場の最新動向とビジネスチャンス』
-最新アセアン市場理解と自社戦略立案-

プログラム

◇ASEANの変化
 ・製造拠点からマーケット、開発設計拠点への変化
 ・AEC(ASEAN経済共同体)で何が起こるか

◇ビジネス革新と人材育成の両輪がグローバル・ビジネスの成功につながる
 ・ビジネス・ロードマップを描く〜中計立案の革新
 ・グローバル人材を育てる
 ・グローバル人材育成の4つの視点

◇ビジネス革新に向けたマーケット情報の収集
 ・日本でのインターネットの情報収集だけでは絶対にビジネスは成功しない
 ・情報は無くて当たり前、いかに複数の情報からフェルミ推定的に仮説を描くか
 ・情報収集は日常業務、常に最新動向を掴む
 ・リサーチャーとのコラボレーションがキー

----------------------------------------

今回のセミナーでは、ここ数年で特に注目度が増しているASEAN諸国をとりあげます。
ビジネス環境の変化についてや、グローバルビジネスの成功につなげるための戦略支援や人材育成について、ASEANにおけるビジネス支援に詳しい経営コンサルタントが解説いたします。

また、そのために必要なASEANマーケットに関する情報収集の観点や活用の仕方についてもとりあげます。

海外市場展開に携わる皆様や、ASEANのビジネス環境にご興味のある方に是非、ご参加いただければと思います。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
グローバル開発革新センター長 シニア・コンサルタント
野元 伸一郎 氏
会 期 2016年12月22日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 4名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年12月14日(水)
2016年12月16日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

R&D起点の新事業テーマ探索の進め方セミナー

プログラム

1.R&D部門におけるテーマ探索の現状
  ・2015年 新たな価値創りに関する実態調査より

2.新事業テーマ探索手法
  ・様々な新事業テーマ探索手法の紹介
  ・技術起点のテーマ探索手法
  ・市場起点のテーマ探索手法

3.未来構想法とは
  ・未来構想法の考え方
  ・未来構想法の進め方

4.未来構想実践事例紹介

--------------------------------------------------
 
 近年の事業成果の創出傾向をみていると、自社の事業規模自体は拡大しているものの、粗利率は年々縮小している、つまり、「儲ける」ことがますます困難な構造に陥っている企業が増えている様子がうかがえます。

 そういった中で、企業のR&D部門に期待される役割は、新しい顧客価値の創造です。つまり、技術開発要素をお客様の価値として価格転嫁していく、「儲ける」ことへの貢献が強く期待されています。

 そこで、本セミナーでは、貢献の1つの姿として、R&D起点の新事業テーマ探索に焦点をあてます。
また、新たなテーマ探索には様々な方法論がある中で、新しい競争ルールそのものをデザインするといった、ゲームチェンジを行う方法論でもある「未来構想法」をとりあげ、ご紹介したいと思います。 従来の競争ルールのもとで、いくら研究開発努力をしても「儲ける」ことができないという厳しい現実に対する解決の一助となればと考えています。

 部門・業種問わず、皆様に御参加いただきたい内容です。

【大阪開催】

講師 山中 淳一氏(やまなか じゅんいち)
株式会社日本能率協会コンサルティング(JMAC)
技術戦略センター チーフ・コンサルタント
会 期 2016年12月19日(月) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール (大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年12月12日(月)
2016年12月13日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2016年11月

★第12回MDBセミナー 『「売り」にこだわる新規事業』
〜結果を出す「事業化思考法」ネタ作りから売る仕組みまで〜

プログラム

1.事業・商品化の基本的な考え方
2.マーケットニーズからのねたつくり
3.技術シーズからのねたつくり
4.顧客の潜在ニーズ仮説の基本的な考え方
5.ビジネスモデルと売るしくみつくり
6.事業化展開事例
7.経営成果と人材育成

----------------------------------------

今回のMDBセミナーでは「経営成果」すなわち「売りの実現」にこだわった事業化を行うための思考法をテーマに取り上げます。

新規事業における経営成果の定義は、「企業の事業として売りがありキャシュが回収されること」と考えられます。
多数の企業をご支援してきた実績から見ると、新規事業では、数年で数千万から数億くらいが最も多いパターンとなります。

共通するのは、どの企業においても経営者視点から見た場合には「その製品・商品が売れてこそ・・・」評価の対象となるということです。
つまり、新規事業に挑む際には「売り」にこだわった「思考法」が極めて重要となります。

今回は、事業化に向けた「筋の良いねた探し」の各種手法、事業展開シナリオ、ビジネスモデルと売る仕組みづくり、そして人材育成の部分までを通して、結果を出すための「事業化思考法」について、経験豊富な経営コンサルタントの視点から解説いたします。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター シニア・コンサルタント
細矢 泰弘 氏
会 期 2016年11月30日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年11月23日(水)
2016年11月25日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【広島開催】〜「プロフィット・デザイン」という発想〜新商品・新事業開発の進め方セミナー

プログラム

持続的に利益を生み出す「新商品・新事業」の仕組み
 〜「プロフィット・デザイン」という発想〜

1.新商品・新事業に対するスタンスが変わった
  -1.良い製品・良いサービス、であっても成功しない
  -2.成功する新商品・新事業の新機軸

 2.新商品・新事業を成功させるには“仕組み”が必要
  -1.新機軸を打ち出した企業に共通したスタンス
  -2.連続的に価値を提供する「プロフィット・ステップ」

 3.新商品・新事業を成功させる3つの要素
  -1.フック:顧客を魅了する
  -2.ロック:顧客を離さない
  -3.チャージ:顧客の負担を軽くする

「技術的にはすばらしい商品であるにもかかわらず、価格競争に巻き込まれてしまう・・・」
「サービス内容をすぐに模倣され、他社との差別化に常に頭を悩ませている・・・」
このようなジレンマを抱えている方々は、数多くいらっしゃるかと思います。 

 今回のセミナーでは、このような「良い製品・良いサービスをつくれば儲かる」という概念から脱却し、顧客との長期的な関係構築により持続的に利益を生み出す「しくみ」について、経営・事業戦略の最前線に関わる経験豊富な経営コンサルタントが、わかりやすく解説させていただきます。
 経営トップ、幹部の方はもちろんのこと、経営企画、事業企画、営業企画、研究開発、商品開発、サービス企画、マーケティング部門の各マネージャーの方に是非お聞きいただきたい内容ですので、奮ってのご参加をお待ちしております。

【大阪開催】

講師 横山 隆史
株式会社 日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント
会 期 2016年11月15日(火) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 広島YMCA国際文化センター 3号館 2F多目的ホール (広島市中区八丁堀7-11)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年11月7日(月)
2016年11月8日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】〜「プロフィット・デザイン」という発想〜新商品・新事業開発の進め方セミナー

プログラム

持続的に利益を生み出す「新商品・新事業」の仕組み
 〜「プロフィット・デザイン」という発想〜

1.新商品・新事業に対するスタンスが変わった
  -1.良い製品・良いサービス、であっても成功しない
  -2.成功する新商品・新事業の新機軸

 2.新商品・新事業を成功させるには“仕組み”が必要
  -1.新機軸を打ち出した企業に共通したスタンス
  -2.連続的に価値を提供する「プロフィット・ステップ」

 3.新商品・新事業を成功させる3つの要素
  -1.フック:顧客を魅了する
  -2.ロック:顧客を離さない
  -3.チャージ:顧客の負担を軽くする

「技術的にはすばらしい商品であるにもかかわらず、価格競争に巻き込まれてしまう・・・」
「サービス内容をすぐに模倣され、他社との差別化に常に頭を悩ませている・・・」
このようなジレンマを抱えている方々は、数多くいらっしゃるかと思います。 

 今回のセミナーでは、このような「良い製品・良いサービスをつくれば儲かる」という概念から脱却し、顧客との長期的な関係構築により持続的に利益を生み出す「しくみ」について、経営・事業戦略の最前線に関わる経験豊富な経営コンサルタントが、わかりやすく解説させていただきます。
 経営トップ、幹部の方はもちろんのこと、経営企画、事業企画、営業企画、研究開発、商品開発、サービス企画、マーケティング部門の各マネージャーの方に是非お聞きいただきたい内容ですので、奮ってのご参加をお待ちしております。

【大阪開催】

講師 横山 隆史
株式会社 日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント
会 期 2016年11月14日(月) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪国際交流センター 2F 大会議室さくら(大阪市天王寺区上本町8-2-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年11月4日(金)
2016年11月7日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第11回MDBセミナー 『戦略立案のための市場調査プランニング』
〜MDB利用からリサーチ・コンサル活用まで〜

プログラム

・戦略立案に必要なリサーチとは
・リサーチを検討する前に想定しておくこと
・調査設計の考え方と進め方
・リサーチプランニングのポイント
・調査企画の実際(調査企画書サンプル)
・最近のリサーチトレンド・事例

----------------------------------------

今回のテーマは「市場調査のプランニング」です。
情報収集から戦略立案にいたる流れのなかでMDBは「公開情報でどこまで迫れるか」をお客様のご要望を受けて調査しています。

スピードやコストにおいて、大きくアドバンテージのある「公開情報収集」ですが市場調査には他の手法やアプローチを組み合わせることが適切な場面もあります。
得られたデータからの推計、社内外のネットワークを活かしたヒアリング、外部の専門機関を使った新規リサーチ活動、さらには課題解決に向けた考え方や進め方を考える段階からコンサルタントが入って全体の流れを組み立てたるアプローチもあります。

今回のセミナーでは「市場調査」の様々なアプローチとともに、戦略立案に向けた全体プロセスのプランニングのあり方についてご説明いたします。

講師は、日々、業務課題のご相談から、MDBおよびリサーチ・コンサルなどの専門家活用を含めた最適なアプローチ提案を検討している産業研究部の折間が担当させていただきます。

戦略立案に向けた、調査や専門家活用などのトータルプランニングに関心のある皆様、業界・業態に関わらず、MDBをもっと活用したい方、市場調査に関心のある方を対象に幅広い方にお勧めする内容になっております。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
産業研究部
折間 賢一
会 期 2016年11月1日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年10月24日(月)
2016年10月26日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2016年10月

【福岡開催】未来予測による新商品・新事業探索セミナー

プログラム

第1部:
〜5〜10年先の新商品・新事業を探索する〜
「未来予測による事業探索」

1、未来事業探索のガイドラインをつくる
・将来の価値に向けた技術評価
・SN(シーズ/ニーズ)変換による価値発掘
2、5〜10年先のビジネスチャンスを探索する
・成長製品・サービス調査
・将来ニーズの棚卸
・技術と市場の未来クロスポイント研究
3、5〜10年先の事業を企画する
・仮想カタログによる企画の見える化
4、新商品・新事業探索例
・消費財メーカー:10年後の開発テーマ探索
・生産財メーカー:開発商品の新用途探索
・ITシステム:成長分野の新事業探索

第2部:
〜未来を見据えた新事業探索のための〜
「マーケティング情報収集法・活用法」

1、マーケティング情報収集の基本
・マーケティング情報の種類・特徴
・マーケティング情報収集の基本フロー
2、未来予測情報の収集法
・MDBメンバーにみる未来予測情報収集のトレンド
・未来予測関連情報の情報源とその特徴
・代表的な未来予測関連資料・情報
・未来予測情報のキャッチアップ法
3、マーケティング情報としての未来予測情報
・活用にあたっての考え方
・未来予測情報を用いた整理・分析方法(事例)

--------------------------------------------------

 本セミナーは経験豊富な日本能率協会コンサルティングの経営コンサルタントから「未来予測による新商品・新事業探索〜実践ポイントと他社事例の紹介〜」について、日本能率協会総合研究所MDBの情報コンサルタントから、「未来を見据えた新事業探索」を創出する上で欠かせないマーケティング情報の集め方についてそれぞれ講演をいたします。
 
 新製品・新事業、企画開発、経営企画、研究企画、研究開発、技術部門のマネージャー、幹部の方に是非お聞きいただきたい内容です。

※10月11日(火)に大阪でも開催予定です。

【大阪開催】

講師 第1部:池田 裕一
株式会社日本能率協会コンサルティング
チーフ・コンサルタント

第2部:長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)
情報コンサルタント
会 期 2016年10月26日(水)13:30〜16:30(13:00受付開始)
会 場 福岡県中小企業振興センター(福岡市博多区吉塚本町9-15)301号室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年10月18日(火)
2016年10月19日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第10回MDBセミナー 累計1万部突破!あの「アイデア・メーカー」の著者が語る!!
『成功する新事業開発のためのアイデア創出法』

プログラム

・成功するアイデアを創出する4つのプロトコル
・あなたが一番幸せにしたいのは誰か?
   −実在するユーザーを設定する意味とは−
・アイデア出しは単なるパーツ集めに過ぎない
・パーツの組み合わせは変幻自在
   −アイデアを進化させるためには−
・常識を覆すアイデア転換法

----------------------------------------

今回のMDBセミナーは、前職野村総合研究所で数々の新規事業開発支援の経験をもつ山口氏を講師にお招きし開催致します。

「新規事業のアイデア」は新事業成功の大事なポイントになります。
どれだけ「質の高い」アイデアを発想できるかが鍵になります。

氏は過去に多くの事業創出や新規事業立上げ支援を行った経験を持っており、豊富な実績に裏打ちされた「成功する」新事業開発のアイデア創出法について講演いただきます。


■講師紹介■
GOB Incubation Partners株式会社
代表取締役 山口 高弘 氏

前職の野村総合研究所では、ビジネス・イノベーション室長を担い、主にイノベーション創出をテーマに新規事業開発支援を行う。
企業内起業において多くの事業立ち上げ、新商品、新サービス、事業開発に携わる。
(自身も若くして不動産会社を起業、3年後に事業売却する他、複数の事業を起業・売却。)

2014年にGOB-IPを創業。GOB-IPでは主に若い世代がイノベーションに挑戦するためのマインドセット創り、事業化支援、キャンプ等を実施している。

代表著書 『アイデア・メーカー』東洋経済新報社
http://ideamaker.jp/?page_id=106

【東京開催】

講師 GOB Incubation Partners株式会社
代表取締役 山口 高弘 氏
会 期 2016年10月19日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 連合会館(千代田区神田駿河台3-2-11) 2階 大会議室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年10月11日(火)
2016年10月13日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

未来予測による新商品・新事業探索セミナー

プログラム

第1部:
〜5〜10年先の新商品・新事業を探索する〜
「未来予測による事業探索」

1、未来事業探索のガイドラインをつくる
・将来の価値に向けた技術評価
・SN(シーズ/ニーズ)変換による価値発掘
2、5〜10年先のビジネスチャンスを探索する
・成長製品・サービス調査
・将来ニーズの棚卸
・技術と市場の未来クロスポイント研究
3、5〜10年先の事業を企画する
・仮想カタログによる企画の見える化
4、新商品・新事業探索例
・消費財メーカー:10年後の開発テーマ探索
・生産財メーカー:開発商品の新用途探索
・ITシステム:成長分野の新事業探索

第2部:
〜未来を見据えた新事業探索のための〜
「マーケティング情報収集法・活用法」

1、マーケティング情報収集の基本
・マーケティング情報の種類・特徴
・マーケティング情報収集の基本フロー
2、未来予測情報の収集法
・MDBメンバーにみる未来予測情報収集のトレンド
・未来予測関連情報の情報源とその特徴
・代表的な未来予測関連資料・情報
・未来予測情報のキャッチアップ法
3、マーケティング情報としての未来予測情報
・活用にあたっての考え方
・未来予測情報を用いた整理・分析方法(事例)

--------------------------------------------------

 本セミナーは経験豊富な日本能率協会コンサルティングの経営コンサルタントから「未来予測による新商品・新事業探索〜実践ポイントと他社事例の紹介〜」について、日本能率協会総合研究所MDBの情報コンサルタントから、「未来を見据えた新事業探索」を創出する上で欠かせないマーケティング情報の集め方についてそれぞれ講演をいたします。
 
 新製品・新事業、企画開発、経営企画、研究企画、研究開発、技術部門のマネージャー、幹部の方に是非お聞きいただきたい内容です。

※10月26日(水)に福岡でも開催予定です。

【大阪開催】

講師 第1部:池田 裕一
株式会社日本能率協会コンサルティング
チーフ・コンサルタント

第2部:長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)
情報コンサルタント
会 期 2016年10月11日(火)13:30〜16:30(13:00受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール (大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年10月3日(月)
2016年10月4日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第9回MDBセミナー 『研究組織の創造する力を高める』
〜自律的に成長する組織風土変革のしかけ〜

プログラム

1.はじめに
 ・企画&研究に足りないのは調査だけでなく、創造する力量を高める取り組み
 ・組織の変革能力を高めるしかけがあるか?

2.組織の変革構造づくり
 ・トップの変革リーダーシップと現場の提言力
 ・前向きに衝突しあう関係づくり

3.チームビジョンで第一線の知を高める
 ・大局的なものの見方と考え方を問いかける
  ・学習の質とスピードを高める職場づくり
 ・2軸思考で自分の仕事を演出する

4.顧客の顔を思い浮かべ、外向き行動力を高める
 ・徹底的に価値を考える
 ・先行提案力とリバウンド分析力

5.振り返りを重ね、組織の柔軟性を高める
 ・現場発の戦略を提案できる組織に変わる
 ・クリエイティブルーティンが持続的成長を支える

----------------------------------------

研究組織の「創造する力量をいかに高めるか」

昨年のMDBセミナーで大変好評を頂いた日本能率協会コンサルティングの庄司実穂氏に今年もご登壇いただき、昨年からまたバージョンアップした内容にてお届けいたします。

個々の創造する力量を高め、研究組織全体の提案力を高めていく。

そのために組織をどのように変えていったら良いのか?リーダの役割とは。組織の変革能力を高めるしかけとは?
チームビジョン、外向き行動力、クリエーティブルーチンなど様々なキーワードを通して、自律的に成長するための組織風土改革や研究組織の持続的な成長を支える「創造する力」について解説いたします。

生産財・中間財メーカーの研究開発・技術部門の方々を中心に、是非お勧めしたい内容となっています。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
R&D組織革新センター シニア・コンサルタント
庄司 実穂 氏
会 期 2016年10月6日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年9月28日(水)
2016年9月30日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2016年9月

★第8回MDBセミナー
新規事業担当者必見!「突破力ある」企画書作り10の秘訣
〜企画を練り上げるプロセスに「方法論」を〜

プログラム

・どんな優れた企画でも最初は“ただの思いつき”
・ジャストアイデアを“企画”に練り上げるプロセスが大切
・未熟なアイデアで審議するので、ゲートを通過しない
・あえて“反対論”“懸念点”を挙げることが重要
・「横やりが入って潰される」ことへの対応法
  (勝手に被害者モードにならないこと)
・最適なメタファやアナロジーを選択すること
・検討経過報告でなく、ストーリーテリングを!

----------------------------------------

新規事業担当者や事業企画担当者にとって、ご自身のアイデアを企画書に落とし込み、ブラッシュアップしていくことは重要なプロセスです。ただ、そのプロセスでご苦労をされている方は非常に多いのではないでしょうか?

お客様への提案書、社内上長への提案書。考えをカタチにしていく。企画を実現させていくためには、多くの人に企画の魅力を伝え仲間を作っていくことが必要です。
提案した方を「巻き込んでいく」。突破力のある企画書を作成したい。企画書を書く全ての人の願いだと思います。

今回のテーマはその「企画書作りの秘訣」について、日本能率協会コンサルティングの敏腕コンサルタントがお話しいたします。(本テーマはMDBセミナー初登場です!)

新規事業担当者は勿論のこと、仕事上で企画書をよく書かれる方には特にお勧めしたい内容です。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
チーフ・コンサルタント
塚松 一也 氏
会 期 2016年9月28日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年9月14日(水)
2016年9月16日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第7回MDBセミナー 『研究開発担当者のためのマーケティング情報入門セミナー』

プログラム

1.市場を意識した研究開発の重要性
 −MDBユーザーにみる情報収集と活用の傾向
2.マーケティングとは
 −マーケティングの定義
 −マーケティングの4Pと3C
3.マーケティング情報の要素・分類
 −重要なマーケティング情報の要素を見極める
 −一次情報と二次情報の違いと使い分け
 −マーケティング情報収集の留意点
4.マーケティング情報の情報源
5.マーケティング情報収集の事例研究

----------------------------------------

企業の研究開発関連部門においては、技術情報のみならず、マーケティング情報の収集も欠かすことはできません。
今日のような「市場の先読み」を求められる時代には、目的に応じた情報収集スキルが求められます。

今回のセミナーでは、そうした研究開発部門の方向けに焦点を当てた情報収集手法について、MDBのベテラン情報コンサルタントが事例を交えながら解説します。

生産財・中間財メーカーの研究開発・技術部門の方々を中心に、是非お勧めしたい内容となっています。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
牧野 和彦
会 期 2016年9月23日(金) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 連合会館(千代田区神田駿河台3-2-11) 2階 大会議室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 250名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年9月12日(月)
2016年9月14日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

《名古屋開催》 未来予測による新商品・新事業探索セミナー
〜実践ポイントと他社事例の紹介〜

プログラム

第1部:
〜5〜10年先の新商品・新事業を探索する〜
「未来予測による事業探索」

1、未来事業探索のガイドラインをつくる
・将来の価値に向けた技術評価
・SN(シーズ/ニーズ)変換による価値発掘
2、5〜10年先のビジネスチャンスを探索する
・成長製品・サービス調査
・将来ニーズの棚卸
・技術と市場の未来クロスポイント研究
3、5〜10年先の事業を企画する
・仮想カタログによる企画の見える化
4、新商品・新事業探索例
・消費財メーカー:10年後の開発テーマ探索
・生産財メーカー:開発商品の新用途探索
・ITシステム:成長分野の新事業探索

第2部:
〜未来を見据えた新事業探索のための〜
「マーケティング情報収集法・活用法」

1、マーケティング情報収集の基本
・マーケティング情報の種類・特徴
・マーケティング情報収集の基本フロー
2、未来予測情報の収集法
・MDBメンバーにみる未来予測情報収集のトレンド
・未来予測関連情報の情報源とその特徴
・代表的な未来予測関連資料・情報
・未来予測情報のキャッチアップ法
3、マーケティング情報としての未来予測情報
・活用にあたっての考え方
・未来予測情報を用いた整理・分析方法(事例)

--------------------------------------------------

 本セミナーは経験豊富な日本能率協会コンサルティングの経営コンサルタントから「未来予測による新商品・新事業探索〜実践ポイントと他社事例の紹介〜」について、日本能率協会総合研究所MDBの情報コンサルタントから、「未来を見据えた新事業探索」を創出する上で欠かせないマーケティング情報の集め方についてそれぞれ講演をいたします。
 
 新製品・新事業、企画開発、経営企画、研究企画、研究開発、技術部門のマネージャー、幹部の方に是非お聞きいただきたい内容です。

※大阪で10月11日(火)、福岡で10月26日(水)でもそれぞれ開催予定です。

【大阪開催】

講師 第1部:池田 裕一
株式会社日本能率協会コンサルティング
チーフ・コンサルタント

第2部:長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)
情報コンサルタント
会 期 2016年9月14日(水)13:30〜16:30(13:00受付開始)
会 場 コンベンションルーム AP名古屋.名駅
(愛知県名古屋市中村区名駅4-10-25名駅IMAIビル8階)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年9月6日(火)
2016年9月7日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

グローバル時代を勝ち抜くための海外ビジネス情報収集セミナー

プログラム

第1部:
「海外情報収集入門セミナー」
〜日本国内で入手できる海外公開情報収集のノウハウ〜

◆日本で入手できる海外情報とその特徴
◆海外情報の発行機関・情報源
◆情報の収集手段
◆情報収集の際のポイントと事例紹介
※内容が一部変更となりました。

第2部:
「MDBアジア現地情報サービスのご紹介」
〜現地語を活用した調査〜

◆MDBアジア現地情報サービスとは
◆アジア圏の情報収集における課題
◆想定活用シーン
◆調査事例

第3部:
「海外・国内展開の成功に向けたマーケティングリサーチ」

◆海外・国内展開に必要なリサーチとは
◆リサーチを検討する前に想定しておくこと
 ・リサーチでやるべきこと
 ・仮説を立てて調査を実施する
◆調査設計の考え方・進め方
 ・調査手法について(業界/市場調査・消費者調査)
 ・一次情報と二次情報の使い分け
◆最近のリサーチトレンドと事例

---------------------------------------------------

 海外情報提供・海外現地の市場調査に携わっている弊社MDB情報コンサルタント・海外市場調査スタッフが、現場の視点から海外情報の収集方法、海外現地での市場調査の手法などについて、事例を交えながらご紹介いたします。

 海外事業のご担当者はもちろんのこと、経営企画、事業戦略、マーケティング、商品企画などのグローバル展開に関心が高いすべての皆様にお聞き頂きたい内容となっています。

【大阪開催】

講師 第1部:室田 由記
株式会社日本能率協会総合研究所
MDB大阪 情報コンサルタント

第2部:鈴木 芳仁
株式会社日本能率協会総合研究所
MDB大阪 情報コンサルタント

第3部:折間 賢一
株式会社日本能率協会総合研究所
グルーバル事業部 海外市場調査部 部長
会 期 2016年9月9日(金)13:00〜16:30(12:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール (大阪市西区土佐堀1-5-6) 
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年9月1日(木)
2016年9月2日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2016年8月

★第6回MDBセミナー 『未来予測による事業探索セミナー』

プログラム

≪第1部≫〜5〜10年先の新商品・新事業を探索する〜
     未来予測による事業探索

1)未来事業探索のガイドラインをつくる
  ・将来の価値に向けた技術棚卸
  ・SN(シーズ/ニーズ)変換による価値発掘
2)5〜10年先のビジネスチャンスを探索する
  ・成長製品・サービス調査
  ・将来ニーズの棚卸
  ・技術と市場の未来クロスポイント研究
3)5〜10年先の事業を企画する
  ・未来事業領域(Future Business Unit)の考え方
  ・仮想カタログによる企画の見える化
4)新商品・新事業探索例
  ・消費財メーカー:10年後の開発テーマ探索
  ・生産財メーカー:革新新商品の探索
  ・ITシステム:成長分野の新事業探索

----- 休憩 -----

≪第2部≫〜未来を見据えた新事業探索のための〜
     マーケティング情報収集法・活用法

1)未来予測情報について
  ・情報源の種類とその特徴
  ・代表的な未来予測関連資料・情報
  ・キャッチアップの方法
2)マーケティング情報としての未来予測情報
  ・活用にあたっての考え方
  ・未来予測情報を用いた整理・分析方法(事例)

----------------------------------------

今回のセミナーでは、『未来予測による事業探索』をテーマに2部構成でお届けします。

第1部では、経験豊富な日本能率協会コンサルティングの経営コンサルタントから「未来予測による新商品・新事業探索〜実践ポイントと他社事例の紹介〜」
について、
第2部では、日本能率協会総合研究所MDBの情報コンサルタントから「未来を見据えた新事業探索」を創出する上で欠かせないマーケティング情報の集め方について、それぞれ解説いたします。

新製品・新事業、企画開発、経営企画、研究企画、研究開発、技術部門のマネージャー、幹部の方に是非お聞きいただきたい内容です。

【東京開催】

講師 ≪第1部≫ 株式会社日本能率協会コンサルティング
      技術戦略センター チーフ・コンサルタント
      池田 裕一 氏

≪第2部≫ 株式会社日本能率協会総合研究所
      マーケティング・データ・バンク 情報コンサルタント
      茅野 肇
会 期 2016年8月3日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 連合会館(千代田区神田駿河台3-2-11) 2階 大会議室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 250名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年7月26日(火)
2016年7月28日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2016年7月

★第5回MDBセミナー 『官庁統計セミナー』〜ビジネスヒントは官庁統計から掴む!〜

プログラム

1.官庁統計の基本
2.省庁別主要統計
3.インターネットから探す官庁統計
4.ビジネスで使える官庁統計例
5.官庁統計の最新動向
6.統計に親しむツール・サイト紹介
7.まとめ

----------------------------------------

官庁統計には、「宝の山」ともいうべきデータが満載です。
ビジネスの基本中の基本である各産業の市場規模の把握に始まり、今後の成長産業やライフスタイルの変化、技術動向等々…

Webサイトで得られる官庁データは増えていますが、独特の用語や情報量の豊富さゆえに欲しいデータになかなか辿りつけない、そんな経験をされたことがある方も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、官庁統計の基本やマーケティングにおける官庁統計の活用シーンについて、MDBの情報コンサルタントが事例を織り交ぜながらわかりやすく解説いたします。

新人〜入社2、3年目の方はもちろんのこと、官庁統計をビジネスに活かしたい皆様におかれましては、必ずやお役に立つ内容です。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
上林 克幸
会 期 2016年7月27日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 連合会館(千代田区神田駿河台3-2-11) 2階 大会議室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 250名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年7月19日(火)
2016年7月21日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

「技術ロードマップ構築」 セミナー

プログラム

「技術ロードマップ策定の進め方」

1.技術ロードマップとは
   ■経営戦略と技術戦略そして技術ロードマップ  
   ■技術ロードマップ構築における基本的考え方
2.技術ロードマップ策定の進め方
   ■技術ロードマップ策定の3つの視点
   ■マクロトレンドを起点とした技術ロードマップ策定
   ■外部環境調査を起点とした技術ロードマップ策定
   ■コア技術を起点とした技術ロードマップ策定
3.技術ロードマップ策定活動の事例紹介
   ■プロジェクト推進の考え方と進め方
   ■推進事例
----------------------------------------------------------------------
 本セミナーでは弊社グループ企業の日本能率協会コンサルティングの経営コンサルタントより「技術ロードマップ策定の進め方」について講演いたします。
 
 技術経営戦略の担当者はもちろんのこと、経営企画、研究開発、商品開発、サービス企画、マーケティング部門の各マネージャーの方に是非お聞きいただきたい内容です。ご参加お待ちしております。

【大阪開催】

講師 近藤 晋
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター チーフ・コンサルタント
会 期 2016年7月6日(水)14:00〜16:30(13:30受付開始)
会 場 大阪国際交流センター 2F 大会議室さくら(大阪市天王寺区上本町8-2-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年6月28日(火)
2016年6月29日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

《広島開催》 未来予測による新商品・新事業探索セミナー

プログラム

第1部:
「未来予測による新商品・新事業探索」

〜5〜10年先の新商品・新事業を探索する〜
未来予測による事業探索

1、未来事業探索のガイドラインをつくる
・将来の価値に向けた技術棚卸
・SN(シーズ/ニーズ)変換による価値発掘
2、5〜10年先のビジネスチャンスを探索する
・成長製品・サービス調査
・将来ニーズの棚卸
・技術と市場の未来クロスポイント研究
3、5〜10年先の事業を企画する
・未来事業領域(Future Business Unit)の考え方
・仮想カタログによる企画の見える化
4、新商品・新事業探索例
・消費財メーカー:10年後の開発テーマ探索
・生産財メーカー:革新新商品の探索
・ITシステム:成長分野の新事業探索

第2部:
〜未来を見据えた新事業探索のための〜
マーケティング情報収集法・活用法

マーケティング情報収集法・活用法
1、未来予測情報について
・情報源の種類とその特徴
・代表的な未来予測関連資料・情報
・キャッチアップの方法
2、マーケティング情報としての未来予測情報
・活用にあたっての考え方
・未来予測情報を用いた整理・分析方法(事例)
3、マーケティング情報としての未来予測情報
・活用にあたっての考え方
・未来予測情報を用いた整理・分析方法(事例)
----------------------------------------------------------------------
 本セミナーは経験豊富な日本能率協会コンサルティングの経営コンサルタントから「未来予測による新商品・新事業探索〜実践ポイントと他社事例の紹介〜」について、日本能率協会総合研究所MDBの情報コンサルタントから、「未来を見据えた新事業探索」を創出する上で欠かせないマーケティング情報の集め方についてそれぞれ講演をいたします。
 
 新製品・新事業、企画開発、経営企画、研究企画、研究開発、技術部門のマネージャー、幹部の方に是非お聞きいただきたい内容です。是非ご参加下さいます様、ご参加お待ちしています。

【大阪開催】

講師 第1部:池田 裕一
株式会社日本能率協会コンサルティング
チーフ・コンサルタント 

第2部:茅野 肇
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク 情報コンサルタント
会 期 2016年7月4日(月)13:00〜16:30(12:30受付開始)
会 場 広島YMCA国際文化センター 3号館 2F多目的ホール (広島市中区八丁堀7-11)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年6月24日(金)
2016年6月27日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2016年6月

★第4回MDBセミナー 『未来予測による技術ロードマップセミナー』

プログラム

1.技術ロードマップとは
 ■経営戦略と技術戦略そして技術ロードマップ
 ■技術ロードマップ構築における基本的考え方

2.未来予測による技術ロードマップ策定の進め方
 ■技術ロードマップ策定のための3つのアプローチ
 ■未来製品予測×コア技術による技術ロードマップ策定
 ■未来製品予測からのマクロトレンド分析による技術ロードマップ策定
 ■未来の外部環境予測による技術ロードマップ策定
 ■商品化アイデアの創出と技術開発テーマの設定

3.技術ロードマップ策定活動の紹介
 ■プロジェクト推進の考え方と進め方
 ■推進事例
 ■質疑応答

----------------------------------------

「技術ロードマップの策定」について注目の未来予測の観点からご紹介します。

現在のMDBメンバーの関心事は、新規事業展開と技術ロードマップの策定が大きな比重を占めています。

技術を起点とした新規事業の展開は、以前より注目されているポイントですが、政府の成長戦略指針を見ていても今後さらに注目度が高まることが予想されます。

長年多数の技術ロードマップのコンサルティングを手掛け、業界事情にも明るい第一人者が、技術ロードマップの策定についてわかりやすく解説いたします。

技術開発、研究開発の責任者、ご担当者はもとより、経営戦略立案に関わる皆様には是非ともお聞きいただきたい内容です。

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター センター長
近藤 晋 氏
会 期 2016年6月30日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 連合会館(千代田区神田駿河台3-2-11) 2階 大会議室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 250名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年6月22日(水)
2016年6月24日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第3回MDBセミナー 『それそれ欲しかった!と言われる ヒット商品の生み出し方』
みんなが知っているあの商品の仕掛け人、伝説のメーカーブラマネが秘訣を大公開!

プログラム

1.ヒット商品はどのように生まれるのか?「潜在ニーズ」発掘こそがヒットを生むカギ

2.それそれ欲しかった!と言われる「潜在ニーズ」を高確率で探り出せる独自手法紹介

3.お客様は自分の本当に欲しいモノを知らない、ヒットを生み出す「お助けシート」活用方法

4.マーケッター脳にするための3つのコツ

----------------------------------------

過去に「充実野菜」「缶入りリアルゴールド」「ぎゅっと搾ったレモン水」「缶コーヒールーツ」をはじめ120品を企画開発、数々のヒット商品を生み出してきた実績30年の凄腕マーケッターが、そのヒットの秘訣をお話します。

潜在ニーズを実際に商品化し、ヒットへと変換するために役立つ「お助けシート」など企画部署だけではなく、営業現場においてもすぐに使えるノウハウが満載です。

マーケッターのみならず、企画、研究開発、事業系、経営、営業、サービスに携わる多くの方に是非お聞きいただきたい内容です。

【東京開催】

講師 株式会社ビジネス・バリュー・クリエイションズ
代表取締役 山本 康博 氏
会 期 2016年6月14日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年6月6日(月)
2016年6月8日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

企業が生き残るための未来予測2020-2025

プログラム

1.過去の常識、ルール、定石が全く通用しない時代へ
−政治、経済、社会で始まっている非常識
−未来は既に起こっている(未来予測は難しくない)

2.今何が起こっているか?
―今ビジネスで起こっていることとその背景
−イノベーターCE0の頭の中は?
(Google,Apple,Amazon,Facebook等)
−シェア、売り上げから顧客情報争奪戦へ

3.ビジネス未来予測
−2017年が分水嶺、2020年からは産業構造がかわる
−従来の産業分類が無意味に(業界視点では古すぎる)
−多くのビジネスが情報産業へ(情報ビジネスが富を生む)
−異業種コラボレーションがブレークスルーの鍵

4.未来予測力向上にむけて
−古い世界観を捨てる(OSを入れ替え)
−貴社の住所変更を
−未来逆算型の企業変革を
−生き残りのために一番大事なこと

----------------------------------------------

昨今、未来予測が高い注目を浴びています。恐らく、未来は現在の延長線にはなく、非連続で抜本的、構造的変化が起きていることを動物的生存本能で感じとっているからではないでしょうか?
本セミナーでは、長年に渡り、ICT業界(通信/IT/メディア、ハイテク製造業)における各リーディングカンパニーの事業転換戦略、サービス開発、BPR戦略、及び 事業構造転換の支援を行っている経営コンサルタントが、企業から生き残るための未来予測について、今までにない斬新な視点から、これからの生き残りの戦略をわかりやすく解説いたします。
マーケティグ、新規事業、経営企画、戦略立案、商品企画、R&D、営業などに携わる多くのビジネスパーソンに是非お聞きいただきたい内容です。

【大阪開催】

講師 冨永 孝
(株)ICTソリューション・コンサルティング 
代表取締役社長
インテリジェント・デザイナー 
アドバイザー(クロスインダストリ/ICT)
会 期 2016年6月6日(月) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール (大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年5月27日(金)
2016年5月30日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2016年5月

【名古屋開催】新商品・新事業担当者のためのマーケティング情報収集手法

プログラム

〈プログラム予定〉
1.新商品・新事業開発における情報収集の重要性
2.MDBメンバーにみる調査依頼の最新トレンド
3.マーケティング情報収集の基本
 ・意外に知られていない情報収集のメソッド
 ・新商品、新事業開発において必要な情報とは?
4.情報収集事例のご紹介
5.ライバルに差をつける情報収集・活用力向上のポイント
6.ビジネスチャンス探索に役立つ情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク大阪
情報コンサルタント
会 期 2016年5月13日(金)14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 電気文化会館 (名古屋市中区栄2-2-5)  5F イベントホール
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年4月26日(火)
2016年4月27日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第2回MDBセミナー 持続的に利益を生み出す「新商品・新事業」の仕組み
〜「プロフィット・デザイン」という発想〜
良い製品・良いサービスだけでは売れない時代に!!

プログラム

1.新商品・新事業に対するスタンスが変わった
  -1.良い製品・良いサービス、であっても成功しない  
  -2.成功する新商品・新事業の新機軸

2.新商品・新事業を成功させるには“仕組み”が必要だった
  -1.新機軸を打ち出した企業に共通したスタンス  
  -2.連続的に価値を提供する「プロフィット・ステップ」

3.新商品・新事業を成功させる3つの要素
  -1.フック:顧客を魅了する
  -2.ロック:顧客を離さない
  -3.チャージ:顧客の負担を軽くする

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント
横山 隆史 氏
会 期 2016年5月10日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年4月25日(月)
2016年4月27日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】新商品・新事業担当者のためのマーケティング情報収集手法

プログラム

〈プログラム予定〉
1.新商品・新事業開発における情報収集の重要性
2.MDBメンバーにみる調査依頼の最新トレンド
3.マーケティング情報収集の基本
 ・意外に知られていない情報収集のメソッド
 ・新商品、新事業開発において必要な情報とは?
4.情報収集事例のご紹介
5.ライバルに差をつける情報収集・活用力向上のポイント
6.ビジネスチャンス探索に役立つ情報源のご紹介

【大阪開催】

講師
長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク大阪
情報コンサルタント
会 期 2016年5月10日(火)14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール(大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年4月26日(火)
2016年4月27日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2016年4月

★第1回MDBセミナー 『マーケティング情報収集入門』

プログラム

1.マーケティング情報とは?
2.マーケティング情報収集アプローチ
3.情報源の特徴を掴む
4.情報収集力を高めるためのポイント
5.情報収集の流れがわかるCase Study

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
伊藤 正啓
会 期 2016年4月21日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年4月12日(火)
2016年4月14日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2016年3月

★第17回MDBセミナー 『働き方改革』
〜研究開発・マーケ部門の働き方を見直す〜

プログラム

1.世の中、働き方見直しが求められる背景
・いまさら聞けない「ワーク・ライフバランス」「ダイバーシティ」
・「人口オーナス期」いまの時代に求められる働き方
・価値向上型の働き方を創造する

2.研究開発・マーケティング部門の働き方の特徴
・我々の仕事の特性・種類を知る
・仕事のやり過ぎのムダ
・仕事の基盤をカエル「形骸化したルール・慣習を見直す」

3.働き方見直しの具体的な進め方
・働き方をカエルメカニズム、方向性
・個人で進める働き方見直し「ダンドリ力の向上」
・職場で進める働き方見直し「コミュニケーションルールの見直し」
・未来志向で働き方をカエル「フューチャーセッションの進め方」
・開発部門、マーケティング部門の活動事例紹介

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
ビジネスプロセスデザインセンター
チーフ・コンサルタント
田中 良憲 氏
会 期 2016年3月3日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年2月24日(水)
2016年2月26日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2016年2月

官庁統計セミナー

プログラム

〈プログラム予定〉
1. 官庁統計の基本
 -1. 情報源としての位置付け
 -2. 調査目的
 -3. 特徴(長所・短所)
 -4. 利用時の留意点

2. マーケティングでこんなに使える官庁統計
 -1. 官庁統計でわかること
 -2. インターネットと官庁統計
 -3. 活用・探索事例紹介
 -4. 応用事例紹介
 -5. 月次統計で景気動向を把握する

3. 官庁統計の最新動向

4. まとめ

【大阪開催】

講師 上田 純子
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク大阪
情報コンサルタント
会 期 2016年2月17日(水) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール(大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年2月9日(火)
2016年2月10日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第16回MDBセミナー 強いセールスを必ず、つくりだせる方法
〜営業提案力向上のためのベネフィットトークと感想戦ノート〜

プログラム

1.いまなぜ、ベネフィットトークなのか
2.ベネフィットトークとは何か
3.ベネフィットトークの要諦
4.ベネフィットトークで営業提案力を向上させる
5.営業提案スキルを必ず向上させる方法
6.感想戦ノートを導入する方法
7.マネージャーの役割

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
経営コンサルティングカンパニー
CS・マーケティング/セールス革新センター
チーフ・コンサルタント
掛足 耕太郎 氏
会 期 2016年2月4日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年1月26日(火)
2016年1月28日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【名古屋開催】新規事業探索・新用途開発セミナー

プログラム

〈プログラム予定〉
1.新規事業の成功ケース・失敗ケース

2.新規事業探索、新用途開発の基本ステップ
 ・新規事業探索〜企画の進め方

3.新規事業に活かす強みを抽出する
 ・技術資源を分析する
 ・販売資源を分析する
 ・顧客資源を分析する

4.新規事業に向けたビジネスチャンス探索
 ・マクロトレンドの把握
 ・参考企業の研究
 ・将来ニーズと強みのマッチング

5.新用途の発想法
 ・新用途開発の進め方
 ・代替候補の抽出と成長市場先取り
 ・強制発想法の応用

6.有望テーマのスクリーニング、絞り込み手法
 ・スクリーニングの視点と判断基準

【大阪開催】

講師 池田 裕一
株式会社日本能率協会コンサルティング
チーフ・コンサルタント
会 期 2016年2月2日(火) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 電気文化会館 (名古屋市中区栄2-2-5)  5F イベントホール
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年1月26日(火)
2016年1月27日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2016年1月

★第15回MDBセミナー「自分ごと」で事業創造する人材へ
〜事業創造リーダー・事業創造組織へのエンパワーメント研究〜

プログラム

1.エンパワーメントが「自分ごと」で事業創造をする人を育む
2.セルフエンパワーとチームエンパワー
3.事業創造実践者へのエンパワー(力づけ)とは
4.事業創造実践者へのエンパワー実践例

--------------------------------------------------------------------
【ご注意ください】開催会場がいつもと異なります!
--------------------------------------------------------------------

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
エンパワー ソリューションセンター チーフ・コンサルタント
笠井 洋 氏
会 期 2016年1月26日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 連合会館(千代田区神田駿河台3-2-11) 2階 大会議室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 280名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2016年1月18日(月)
2016年1月20日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2015年12月

★第14回MDBセミナー「年末特別企画:企業が生き残るための未来予測2025」
ポイントは「業界構造の崩壊」そして「業界再編」

プログラム

【第1部】「2025年 貴方の会社は果たして生き残っているだろうか?」
      〜2020年(ひと知れず)貴方の企業ID(住所表示)が変わり、新産業秩序が生まれる〜
       -今何が起こっているのか
       -グローバルイノベーターCEOの頭の中は
       -ものビジネスから情報ビジネスへ
       -コストパフォーマンス競争から顧客情報争奪戦へ
       -どう生き残るか?
       -これからの新規ビジネス、企業変革のポイント

【休 憩】

【第2部】「業界再編を意識したビジネス情報収集手法」
       1.2015年の情報収集トレンドを振り返る
       2.業界再編を意識した情報収集手法とは
       3.2016年以降の注目テーマとは
       4.情報を通じた未来を考えるためのヒント
       5.今後を読み解くための参考情報源のご紹介

--------------------------------------------------------------------
【ご注意ください】開催時間がいつもと異なります!
--------------------------------------------------------------------

【東京開催】

講師 【第1部】 ICTソリューション・コンサルティング 代表取締役
      冨永 孝 氏

【第2部】(株)日本能率協会総合研究所
      MDB事業部第1情報サービス部 部長
      菊池 健司
会 期 2015年12月15日(火) 13:30〜16:30(13:15受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年12月7日(月)
2015年12月9日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

強みをビジネスチャンスにつなげる新規事業探索・新用途開発セミナー

プログラム

プログラム予定〉
1 新規事業の成功ケース・失敗ケース

2 新規事業探索、新用途開発の基本ステップ
・新規事業探索〜企画の進め方

3 新規事業に活かす強みを抽出する
・技術資源を分析する
・販売資源を分析する
・顧客資源を分析する

4 新規事業に向けたビジネスチャンス探索
・マクロトレンドの把握
・参考企業の研究
・将来ニーズと強みのマッチング

5 新用途の発想法
・新用途開発の進め方
・代替候補の抽出と成長市場先取り
・強制発想法の応用

6 有望テーマのスクリーニング、絞り込み手法
・スクリーニングの視点と判断基準

【大阪開催】

講師 池田 裕一
株式会社日本能率協会コンサルティング
チーフ・コンサルタント
会 期 2015年12月8日(火) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール(大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年12月1日(火)
2015年12月2日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第13回MDBセミナー「ビジネスモデル発想で他社の半歩先行く新規事業を構築する」

プログラム

1.成熟社会における新規事業の起こし方
 (1)新規事業推進ステップと初期アイデア
 (2)新規事業検討でよく見受ける悩み
 (3)提供価値を発想するポイント
 (4)持続的なビジネスモデルを検討する
2.ビジネスモデル構築支援プログラムのご紹介

※プログラムを一部変更いたしました(2015/11/24)

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
戦略コンサルティングセンター チーフコンサルタント
栗栖 智宏 氏
会 期 2015年12月4日(金) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年11月25日(水)
2015年11月27日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2015年11月

ソリューション志向の新事業開発の成功ポイント

プログラム

第1部:

【事例発表】
「マーケットインで新事業開発のデスバレーを越える」
講師:日軽パネルシステム株式会社
東京支店長   前田 博司 様
設計技術部長  松本 量央 様

1.日軽金グループと日軽パネルシステムについて
2.開発までのプロセス
3.事業化に向かっての課題(死の谷)
4.まとめ
5.今後の展開

 当社は日本軽金属グループの一員として、コールドチェーン構築事業で蓄積した
長年の実績・技術をもとに、「安心空間」を実現する耐震天井ソリューション
を実現しました。
「お客様の困り事解決」を基軸に、開発・営業・製造の組織の壁を越えて
新事業立上げを行った取り組みをご紹介します。

第2部:
「ソリューション志向の新事業開発の進め方」
講師:株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター チーフ・コンサルタント
高橋 儀光

1.今日の事業開発を取り巻く状況
2.「サービス」を組み合わせたソリューション提供の難しさ
3.事業展開シナリオ策定(戦略ストーリーとビジネスモデル)
4.ソリューション事業開発の実践事例から成功要因考察
5.JMACコンサルティングプログラム、MDB連携サービス紹介

【大阪開催】

講師 第1部:
【事例発表】
講師:日軽パネルシステム株式会社
東京支店長   前田 博司 様
設計技術部長  松本 量央 様

第2部:
講師:株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター チーフ・コンサルタント
高橋 儀光
会 期 2015年11月26日(木)13:00〜16:30(12:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール(大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年11月19日(木)
2015年11月20日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第12回MDBセミナー「強みをビジネスチャンスに繋げる新事業探索、新用途開発」

プログラム

【第1部】「強みをビジネスチャンスに繋げる新事業探索、新用途開発 」
      〜事業探索、新用途発想法、有望テーマ絞込み手法〜

      1) 新規事業の成功ケース・失敗ケース
      2) 新規事業探索、新用途開発の基本ステップ
      3) 新規事業に活かす強みを抽出する
      4) 今後に向けたビジネスチャンス探索
      5) 新用途の発想法
      6) 有望テーマのスクリーニング、絞り込み手法

【休 憩】

【第2部】「事例で理解する新事業探索、新用途開発における情報活用」
      ・マクロ環境分析、成長市場分析、新規事業テーマ抽出等

【東京開催】

講師 【第1部】(株)日本能率協会コンサルティング
       チーフコンサルタント
       池田 裕一 氏

【第2部】(株)日本能率協会総合研究所
       MDB事業部 コンサルティングサービス室 室長
       茅野 肇
会 期 2015年11月17日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年11月9日(月)
2015年11月11日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第11回MDBセミナー「成長戦略の実現に向けた中期経営計画」

プログラム

1.成長戦略と中期経営計画
 ・求められるROE向上に向けた取り組み
 ・M&A等による外部経営資源の活用

2.中期経営計画の策定にあたって
 ・経営計画策定の進め方

3.中期経営計画の策定ステップ
 ・ガイドラインの策定
 ・外部環境/内部環境分析
 ・基本戦略の策定
 ・重点課題の設定と全社展開

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント
横山 隆史 氏
会 期 2015年11月5日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年10月27日(火)
2015年11月29日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2015年10月

★第10回MDBセミナー「技術の用途開発を考える」
〜技術先行型の新事業開発の進め方〜

プログラム

1.新事業開発環境の理解
  第8回新たな価値創りに関するアンケート調査より(2015年実施、速報) 
2.新商品・新事業企画の2つのアプローチ
  ・市場対応型アプローチ
  ・用途開発型アプローチ
3.用途開発型アプローチの進め方
  ・検討のステップ
  ・市場の探索について
  ・価値の探索(発想)について
4.用途開発型アプローチにおける3つの壁と突破へ向けた工夫点
  ・第1の壁 見つからない
  ・第2の壁 面白くない
  ・第3の壁 仕上がらない

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター チーフ・コンサルタント
山中 淳一 氏
会 期 2015年10月29日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年10月20日(火)
2015年10月22日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

事業成果に繋げる 『技術戦略策定』 セミナー

プログラム

1)技術戦略の基礎
 ・経営戦略と技術戦略の位置付け
 ・コア技術と技術プラットフォーム
 ・技術の内部蓄積と外部利用の方針決定
 ・技術ロードマップの基礎

2)技術戦略立案の全体像
 ・技術戦略の全体像
 ・技術戦略検討の流れ

3)技術棚卸しとコア技術の設定
 ・技術の棚卸のポイント
 ・技術評価
 ・技術ポジション評価
 ・コア技術設定

4)短期技術戦略の策定
 ・製品戦略と製品概要の確認
 ・必要技術の抽出(NFS分析)
 ・技術ポートフォリオ分析と技術の内部蓄積と外部利用の方針
 ・短期技術戦略の策定

5)中長期技術戦略の策定
 ・技術/価値変換の考え方  ・技術進化の検討
 ・社外技術探索  ・アイデア評価  ・仮想カタログ
 ・必要技術の抽出(NFS分析)

6)技術戦略の統合と技術ロードマップ展開
 ・技術ポートフォリオ分析と技術の内部蓄積と外部利用の方針
 ・技術戦略の統合
 ・技術ロードマップへの展開

【大阪開催】

講師 近藤 晋
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター 
センター長 チーフ・コンサルタント
会 期 2015年10月28日(水) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール(大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年10月21日(水)
2015年10月22日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【名古屋開催】事業成果に繋げる 『技術戦略策定』 セミナー

プログラム

1)技術戦略の基礎
 ・経営戦略と技術戦略の位置付け
 ・コア技術と技術プラットフォーム
 ・技術の内部蓄積と外部利用の方針決定
 ・技術ロードマップの基礎

2)技術戦略立案の全体像
 ・技術戦略の全体像
 ・技術戦略検討の流れ

3)技術棚卸しとコア技術の設定
 ・技術の棚卸のポイント
 ・技術評価
 ・技術ポジション評価
 ・コア技術設定

4)短期技術戦略の策定
 ・製品戦略と製品概要の確認
 ・必要技術の抽出(NFS分析)
 ・技術ポートフォリオ分析と技術の内部蓄積と外部利用の方針
 ・短期技術戦略の策定

5)中長期技術戦略の策定
 ・技術/価値変換の考え方  ・技術進化の検討
 ・社外技術探索  ・アイデア評価  ・仮想カタログ
 ・必要技術の抽出(NFS分析)

6)技術戦略の統合と技術ロードマップ展開
 ・技術ポートフォリオ分析と技術の内部蓄積と外部利用の方針
 ・技術戦略の統合
 ・技術ロードマップへの展開

【大阪開催】

講師 近藤 晋
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター 
センター長 チーフ・コンサルタント
会 期 2015年10月8日(木) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 電気文化会館 (名古屋市中区栄2-2-5)5Fイベントホール
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年10月1日(木)
2015年10月2日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第9回MDBセミナー「海外展開の成功に向けたマーケティングリサーチの考え方」

プログラム

 1.海外展開の際に必要なリサーチとは
 2.調査設計の考え方と進め方
 3.海外展開時のリサーチにおけるポイント
 4.最近のリサーチトレンドと事例

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
海外市場調査部
折間 賢一
会 期 2015年10月1日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 連合会館(千代田区神田駿河台3-2-1) 2階 大会議室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 280名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年9月16日(水)
2015年9月18日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2015年9月

★第8回MDBセミナー「研究組織の提案力を鍛える」
〜あなたの組織は創造性を高めつづけていますか〜

プログラム

1.はじめに
 ・企画&研究に足りないのは調査力だけではなく、
  創造する力量を高める取り組み
 ・組織の変革能力を高める工夫

2.組織の変革構造づくり
 ・トップの変革リーダーシップと現場の提言力
 ・前向きに衝突しあう関係づくり

3.第一線の知を高める
 ・意外なことをおもしろがる、議論でバトルする現場
 ・2軸思考で自分の仕事を演出する

4.外向き志向を高める
 ・徹底的に価値を考える
 ・先行提案力とリバウンド分析力

5.振り返りを重ね、組織の柔軟性・変化対応力を高める
 ・現場発の戦略を提案できる組織に変わる
 ・自ら成長をしかけられる組織に変わる

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
R&D組織革新センター シニア・コンサルタント
庄司 実穂 氏
会 期 2015年9月17日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年9月8日(火)
2015年9月10日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【広島開催】研究開発部門のマーケティング力強化へ向けて 今考えたい「コト発想、コト・モノづくり」

プログラム

第1部:研究開発部門のマーケティング力強化へ向けて
今考えたい「コト発想、コト・モノづくり」

1.はじめに
・セミナー主旨
・昨今の新商品・新事業創出環境とその変化

2.環境変化をふまえ、これから必要となる考え方
・成熟した環境においては、“コト”発想が求められる
・研究開発部門にも“コト”発想を

3.“コト”発想とは
・“コト”発想とは何か?
・“コト”発想の一般事例

4.「コト発想、コト・モノづくり」の実践ポイント
・研究開発部門におけるマーケティング力強化へ向けた
  3つの実践ポイント

5.3つの実践ポイントに関する他社事例
・「コト発想、コト・モノづくり」取組み事例の紹介
・各事例における情報活用のあり方と意味

6.まとめ
・本セミナーのまとめ
・今回の話題に関する弊社ソリューションのご紹介


第2部:研究開発部門の新商品・新事業開発力を強化する!
〜マーケティング情報収集法〜

1.情報収集の重要性

2.新商品・新事業関連の調査依頼のトレンド

3.マーケティング情報収集の基本
 ・マーケティング情報収集の手順
 ・マーケティング情報の種類と特徴
 ・新商品、新事業開発において必要な情報とは

4.ケーススタディ

5.情報収集力向上のためのポイント

6.必見!ビジネストレンド探索に役立つ情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 第1部:山中 淳一
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター
チーフ・コンサルタント

第2部:長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク
情報コンサルタント
会 期 2015年9月17日(木)13:00〜16:30(12:30受付開始)
会 場 広島YMCA国際文化センター 3号館 2F多目的ホール(広島市中区八丁堀7-11)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年9月10日(木)
2015年9月11日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

ロングセラー商品の開発方法セミナー

プログラム

「ロングセラー商品の開発方法」


1. 競争優位戦略の問題点

2.ロングセラー商品の特徴

3. 成功商品開発のための流れ

4. 4つの重要理論を学ぶ

5.キーニーズ法とは

【大阪開催】

講師 梅澤 伸嘉 氏
商品企画エンジン株式会社
社団法人日本市場創造研究会 代表理事
経営学博士
会 期 2015年9月16日(水)14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪科学技術センタービル 8F 大ホール(大阪市西区靭本町1-8-4)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年9月9日(水)
2015年9月10日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第7回MDBセミナー「アンケートから見る消費者ニーズのゆくえ」
〜健康・美容・食卓回りを中心に生活者の今を捉え、これからを探る〜

プログラム

1.シニア《60代・70代男女》の 健康意識と通販利用の実態は?
  “いつまでも元気でいたい”から、
     「乳製品」「肉」を食べてしっかり“ロコモ”対策
  ・普段の食事に加え、サプリメント摂取でもロコモ対策
  ・ネット通販よりカタログ、新聞広告。頻度高くサプリを購入
   〜「健康ニーズ基本調査」「通販利用者構造調査」他より〜

2.女性の“美”への投資は抗加齢ニーズが原動力
  女性50代は、ほうれい線など老け顔に悩み、
     ハリ・キメを求めて、多数のスペシャルケアで対策
  ・年とともに、“ニキビ“→“毛穴“→“しみ“→“ほうれい線“と変化
  ・与えるスキンケア化粧品では「ドラッグストア」より「通販」
   〜「冬スキンケアニーズ総合調査」他より〜

3.主婦の“時短”“手間なし”食卓づくりの実態
  働く主婦は時短・省手間・節約を意識し、食事作り&お弁当作りに大忙し、
     専業主婦も段取り工夫し短時間調理
  ・働く主婦vs.専業主婦にみる時短・省手間調理の実態
  ・働く主婦vs.専業主婦にみるお弁当作りの実態
  ・働く主婦vs.専業主婦にみる節約行動の実態
   〜「メニューからみた食卓調査」他より〜

4.通販・宅配サービスの利用実態から 見えてくる食品の購買行動とは?
  女性20代〜50代中心に、
     「カタログ通販」から「ネット通販」にシフト
  ・現役主婦年代の女性にみる通販の利用実態
  ・生協とネットスーパーの利用者の実態
  ・通販・無店舗での食品購入の実態
   〜「通販利用者構造調査」「メニューから見た食卓調査」他より〜

5.最新調査速報:味の地域差、最新の食卓事情
   〜「味の地域差に関する調査」「メニューからみた食卓調査」他より〜

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
消費者研究部
土井 晴子
会 期 2015年9月11日(金) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 連合会館(千代田区神田駿河台3-2-1) 2階 大会議室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 280名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年9月2日(水)
2015年9月4日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2015年8月

★第6回MDBセミナー「成長産業をたぐり寄せるための情報収集手法」
〜成否を分ける3つのポイントとは?〜

プログラム

1. 知っておきたい”最近”の情報収集トレンド
2. 成長産業を知る上での考え方
3. MDBメンバーなら把握しておきたい重要な指標
4. 10年後を見据える視野の育て方
5. ホーム&アウェー〜両輪の時代
6. MDBメンバーにお勧めする3つのポイント
7. ライバルの先を行く〜成長産業をたぐり寄せるための情報源紹介--------------------------------------------------------------------
【開催会場にご注意ください!!】
--------------------------------------------------------------------

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
MDB事業部 情報コンサルタント
菊池 健司
会 期 2015年8月26日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 連合会館(千代田区神田駿河台3-2-1) 2階 大会議室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 280名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年8月17日(月)
2015年8月19日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2015年7月

★第5回MDBセミナー「ロングセラー商品の開発方法」
新市場の創造は、消費者の「生活上の問題」を解決することで実現できる

プログラム

1)競争優位戦略の問題点
2)ロングセラー商品の特徴
3)成功商品開発のための流れ
4)4つの重要理論を学ぶ
5)キーニーズ法とは

--------------------------------------------------------------------
【ご注意ください】開催時間、開催会場がいつもと異なります!
--------------------------------------------------------------------

【東京開催】

講師 梅澤 伸嘉 氏

商品企画エンジン株式会社
社団法人日本市場創造研究会 代表理事 経営学博士
会 期 2015年7月31日(金) 14:00〜16:30(13:30受付開始)
会 場 シダックスホール(渋谷区神南1-12-13 シダックスビレッジ)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 200名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年7月22日(水)
2015年7月24日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第4回MDBセミナー「マーケティング担当者のための「統計学入門」

プログラム

1.ビックデータ時代とは?
  マーケティングにおけるビックデータとは
2.統計学とは何か?
  ビジネスと統計学のギャップ
  統計学はなぜ分かり難いか?
  統計学の理解に数式は必要か?
  統計学は文系の方が有利!
3.集計と統計学の違い
4.統計学の活用法
  データとは何か
  データの集まりから何を調べるべきか?
 データを俯瞰する。
  棒グラフと折れ線グラフの違いは何か?
5.統計分析事例について
  アンケートデータはいくつ調べるべきか?
  DM送付の有無の平均購入単価単価の違いはあるのか?
  製品の好感度はアップしたのか?
  A商品を買う顧客はB商品も買うのか?
  新製品の好感度は男女別にに違いは見られるのか?
  広告費は売上高の向上に寄与するのか?
  売上高を上げるためには何が重要なのか?

--------------------------------------------------------------------
【ご注意ください】開催会場がいつもの中央大学ではありません!
--------------------------------------------------------------------

【東京開催】

講師 株式会社データサイエンス研究所
代表取締役 伊藤 嘉朗 氏
会 期 2015年7月23日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 日本薬学会 長井記念館 長井記念ホール(渋谷区渋谷2-12-15)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 200名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年7月14日(火)
2015年7月16日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

グローバル時代を勝ち抜くための海外ビジネス情報収集セミナー

プログラム

第1部:
海外展開の成功に向けた
マーケティングリサーチの考え方

◆海外展開の際に必要なリサーチとは
◆調査設計の考え方と進め方
◆海外展開時のリサーチにおけるポイント
◆最近のリサーチトレンドと事例

第2部:
「海外情報収集入門セミナー」
〜日本国内で入手できる海外公開情報収集のノウハウ〜

◆日本で入手できる海外情報とその特徴
◆海外情報の発行機関
◆海外商用データベースシステム
◆専門図書館
◆情報収集の際の留意点と事例紹介
◆現地調査での留意点

【大阪開催】

講師 第1部:
折間 賢一
株式会社日本能率協会総合研究所
グルーバル事業部 海外市場調査部 部長
第2部:
室田 由記
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク大阪
情報コンサルタント
会 期 2015年7月21日(火)13:00〜16:30(12:30受付開始)
会 場 大阪科学技術センタービル 8F 大ホール (大阪市西区靭本町1-8-4)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年7月17日(金)

【福岡開催】研究開発部門のマーケティング力強化へ向けて 今考えたい「コト発想、コト・モノづくり」

プログラム

第1部:研究開発部門のマーケティング力強化へ向けて
今考えたい「コト発想、コト・モノづくり」

1.はじめに
・セミナー主旨
・昨今の新商品・新事業創出環境とその変化

2.環境変化をふまえ、これから必要となる考え方
・成熟した環境においては、“コト”発想が求められる
・研究開発部門にも“コト”発想を

3.“コト”発想とは
・“コト”発想とは何か?
・“コト”発想の一般事例

4.「コト発想、コト・モノづくり」の実践ポイント
・研究開発部門におけるマーケティング力強化へ向けた
  3つの実践ポイント

5.3つの実践ポイントに関する他社事例
・「コト発想、コト・モノづくり」取組み事例の紹介
・各事例における情報活用のあり方と意味

6.まとめ
・本セミナーのまとめ
・今回の話題に関する弊社ソリューションのご紹介


第2部:研究開発部門の新商品・新事業開発力を強化する!
〜マーケティング情報収集法〜

1.情報収集の重要性

2.新商品・新事業関連の調査依頼のトレンド

3.マーケティング情報収集の基本
 ・マーケティング情報収集の手順
 ・マーケティング情報の種類と特徴
 ・新商品、新事業開発において必要な情報とは

4.ケーススタディ

5.情報収集力向上のためのポイント

6.必見!ビジネストレンド探索に役立つ情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 第1部:山中 淳一
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター
チーフ・コンサルタント

第2部:長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク
情報コンサルタント
会 期 2015年7月7日(火)13:00〜16:30(12:30受付開始)
会 場 福岡県中小企業振興センター(福岡市博多区吉塚本町9-15)301号室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年6月30日(火)
2015年7月1日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2015年6月

★第3回MDBセミナー「研究開発担当者のためのマーケティング情報収集入門セミナー」

プログラム

1.市場を意識した研究開発の重要性
 −MDBユーザーにみる情報収集と活用の傾向
2.マーケティングとは
 −マーケティングの定義
 −マーケティングの4Pと3C
3.マーケティング情報の要素・分類
 −重要なマーケティング情報の要素を見極める
 −一次情報と二次情報の違いと使い分け
 −マーケティング情報収集の留意点
4.マーケティング情報の情報源
5.マーケティング情報収集の事例研究
--------------------------------------------------------------------
【ご注意ください】開催会場がいつもの中央大学ではありません!
--------------------------------------------------------------------

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
MDB事業部 情報コンサルタント
牧野 和彦
会 期 2015年6月26日(金) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 連合会館(千代田区神田駿河台3-2-1) 2階 大会議室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年6月21日(日)
2015年6月23日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】マーケティング情報収集入門セミナー

プログラム

1.情報収集を取り巻く環境の変化
2.近年のマーケティング情報のトレンド
3.マーケティング情報の種類と特徴
4.情報収集活動の基本ステップ
5.情報収集力向上のためのアドバイス
6.ケーススタディからみる情報検索のポイント
7.使える!便利な情報源の紹介

【大阪開催】

講師 福田 光
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク大阪
情報コンサルタント
会 期 2015年6月19日(金) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール 
大阪市西区土佐堀1-5-6
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年6月12日(金)
2015年6月15日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第2回MDBセミナー「外部環境を自社事業の革新に繋げる「本気の思考」」

プログラム

1.外部環境変化を意識的に変革機会と捉える
 ・文字通り「壁に耳あり、障子に目あり」のセンサー・ネットの時代到来
 ・20年前のインターネット普及初期の行動を反省する
 ・今のIoT(Internet of Things)初期で活かすべき教訓とは

2.変化をいろいろな次元で洞察する
 ・外部環境変化で変革チャンスになるのは新商品だけではない
 ・省力化⇒省人化⇒無人化 等、大きなトレンドは見えているはず
 ・現場の5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)が無意味になるかも

3.発想のしかたを工夫し、本気で構想する
 ・「危機」は、反対からみれば「機会」
 ・テクノロジーの進歩が、ニーズを高める
 ・外部環境変化を分析した後、本気で自社の変化を考えること

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
R&D組織革新センター チーフ・コンサルタント
塚松 一也 氏
会 期 2015年6月16日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年6月8日(月)
2015年6月10日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2015年5月

【名古屋開催】研究開発部門のマーケティング力強化へ向けて 今考えたい「コト発想、コト・モノづくり」

プログラム

第1部:研究開発部門のマーケティング力強化へ向けて
今考えたい「コト発想、コト・モノづくり」

1.はじめに
・セミナー主旨
・昨今の新商品・新事業創出環境とその変化

2.環境変化をふまえ、これから必要となる考え方
・成熟した環境においては、“コト”発想が求められる
・研究開発部門にも“コト”発想を

3.“コト”発想とは
・“コト”発想とは何か?
・“コト”発想の一般事例

4.「コト発想、コト・モノづくり」の実践ポイント
・研究開発部門におけるマーケティング力強化へ向けた
  3つの実践ポイント

5.3つの実践ポイントに関する他社事例
・「コト発想、コト・モノづくり」取組み事例の紹介
・各事例における情報活用のあり方と意味

6.まとめ
・本セミナーのまとめ
・今回の話題に関する弊社ソリューションのご紹介


第2部:研究開発部門の新商品・新事業開発力を強化する!
〜マーケティング情報収集法〜

1.情報収集の重要性

2.新商品・新事業関連の調査依頼のトレンド

3.マーケティング情報収集の基本
 ・マーケティング情報収集の手順
 ・マーケティング情報の種類と特徴
 ・新商品、新事業開発において必要な情報とは

4.ケーススタディ

5.情報収集力向上のためのポイント

6.必見!ビジネストレンド探索に役立つ情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 第1部:山中 淳一
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター
チーフ・コンサルタント

第2部:長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク
情報コンサルタント
会 期 2015年5月28日(木)13:00〜16:30(12:30受付開始)
会 場 電気文化会館 (名古屋市中区栄2-2-5)  5F イベントホール
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年5月21日(木)
2015年5月22日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第1回MDBセミナー「マーケティング情報収集入門」

プログラム

1.マーケティング情報とは?
2.マーケティング情報収集アプローチ
3.情報源の特徴を掴む
4.情報収集力を高めるためのポイント
5.情報収集の流れがわかるCase Study
6.お勧め情報源一覧

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
宮城島 匡章
会 期 2015年5月27日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年5月18日(月)
2015年5月20日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】研究開発部門のマーケティング力強化へ向けて 今考えたい「コト発想、コト・モノづくり」

プログラム

1.はじめに
・セミナー主旨
・昨今の新商品・新事業創出環境とその変化

2.環境変化をふまえ、これから必要となる考え方
・成熟した環境においては、“コト”発想が求められる
・研究開発部門にも“コト”発想を

3.“コト”発想とは
・“コト”発想とは何か?
・“コト”発想の一般事例

4.「コト発想、コト・モノづくり」の実践ポイント
・研究開発部門におけるマーケティング力強化へ向けた3つの実践ポイント

5.3つの実践ポイントに関する他社事例
・「コト発想、コト・モノづくり」取組み事例の紹介
・各事例における情報活用のあり方と意味

6.まとめ
・本セミナーのまとめ
・今回の話題に関する弊社ソリューションのご紹介

【大阪開催】

講師 山中 淳一
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター
チーフ・コンサルタント
会 期 2015年5月27日(水) 14:00〜16:30 (13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール 
大阪市西区土佐堀1-5-6
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年5月20日(水)
2015年5月21日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2015年3月

★第20回MDBセミナー
新事業創出の鍵をにぎる「事業創造リーダー」を生み出す
〜事業創造リーダーの「あり方」と「人選と養成の仕掛け」〜

プログラム

1.300名の事業開発・創造リーダーとの出会いから得たこと
 ・事業開発を実践する事業創造リーダーとは
 ・事業創造リーダーに求められること

2.事業創造リーダーの“あり方”
 ・貢献感性とは
 ・貢献感性を明らかにする、感度を高める
 ・着想を豊かにする“み方の増幅”
  
3.ただの異端児で終わるか、事業創造リーダーになるのか
 ・自分の考えを伝わるように伝える“図解・チャート活用”
 ・伝えたい相手を想像する“思考スタイルの理解”
 ・コンサルティング現場からの事業創造リーダー発見と養成の仕掛け

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
エンパワー_ソリューションセンター センター長
チーフ・コンサルタント
笠井 洋 氏
会 期 2015年3月11日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年3月3日(火)
2015年3月5日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2015年2月

★第19回MDBセミナー
情報を活用して成功するソリューション営業の進め方
〜顧客の洞察から、顧客と価値を共創する〜

プログラム

1.市場の変化と営業に求められるもの

2.ソリューション営業の進め方
  1)顧客を洞察する
  2)顧客の課題を考察する
  3)課題解決策(ソリューション)を企画する

3.ソリューション営業の体系
  1)重要顧客と共創する体系
  2)共創を創出する仕掛け
  3)共創をモニタリングする仕組み

4.JMACの支援内容の紹介
  -ソリューション営業実践化プログラム紹介-

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
マーケティングセンター チーフ・コンサルタント
坂田 英之 氏
会 期 2015年2月23日(月) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年2月15日(日)
2015年2月17日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第18回MDBセミナー
『事業成果に繋げる「技術戦略策定」セミナー』
〜技術棚卸から社外技術探索、用途開発、技術ロードマップまで〜

プログラム

1)技術戦略の基礎
  ・経営戦略と技術戦略の位置付け
  ・コア技術と技術プラットフォーム
  ・技術の内部蓄積と外部利用の方針決定
  ・技術ロードマップの基礎

2)技術戦略立案の全体像
  ・技術戦略の全体像
  ・技術戦略検討の流れ

3)技術棚卸しとコア技術の設定
  ・技術の棚卸のポイント
 ・技術評価
  ・技術ポジション評価
 ・コア技術設定

4)短期技術戦略の策定
  ・製品戦略と製品概要の確認
 ・必要技術の抽出(NFS分析)
 ・技術ポートフォリオ分析と技術の内部蓄積と外部利用の方針
 ・短期技術戦略の策定

5)中長期技術戦略の策定
 ・技術/価値変換の考え方
 ・技術進化の検討
  ・社外技術探索
  ・アイデア評価
  ・仮想カタログ
  ・必要技術の抽出(NFS分析)

6)技術戦略の統合と技術ロードマップ展開
  ・技術ポートフォリオ分析と技術の内部蓄積と外部利用の方針
  ・技術戦略の統合
 ・技術ロードマップへの展開

参考)JMAC支援事例

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター センター長 チーフ・コンサルタント
近藤 晋 氏
会 期 2015年2月13日(金) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年2月3日(火)
2015年2月5日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】
知識を結集する、知見を得る、新たなビジネスヒントを探る

プログラム

第1部:知見・知識の収集と商品開発
◇市場の変化と「ものづくり」考察
◇ビッグデータと商品開発考察
◇顧客満足度調査と商品開発
◇イノベーションプラットフォーム「Goldfire」で何が出来るか?-効果的な知見・知識の収集と分析-

第2部:世界のメガトレンドが必要とする 「I oT」
(Internet of Things)
◇2025年のエレクトロニクス産業展望
◇IoT(Internet of Things)が必要とされる理由とは

第3部:新たな分野を探索するための情報収集手法
◇製造業が参入を狙うビジネスターゲットとは
◇製造業における情報収集手法
◇異業種や異分野を研究することの狙い
◇必見!ビジネストレンド探索に役立つ情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 第1部:八嶋 祐幸 氏
サイバネットシステム株式会社
インベンション・マシン・ジャパン株式会社

第2部:南川 明 氏
IHSグローバル株式会社 IHSテクノロジー

第3部: 長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク
会 期 2015年2月10日(火)13:00〜17:00
会 場 大阪国際交流センター 2F 小ホール(大阪市天王寺区上本町8-2-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年2月8日(日)

【名古屋開催】
知識を結集する、知見を得る、新たなビジネスヒントを探る

プログラム

第1部:知見・知識の収集と商品開発
◇市場の変化と「ものづくり」考察
◇ビッグデータと商品開発考察
◇顧客満足度調査と商品開発
◇イノベーションプラットフォーム「Goldfire」で何が出来るか?-効果的な知見・知識の収集と分析-

第2部:市場展望から見出す開発の方向性のヒント
◇市場展望から求められる技術を見出す
◇データベースより求められる仕様を見出す
◇自社で開発しようとしている製品が市場ニーズと合致しているかを見出す

第3部:新たな分野を探索するための情報収集手法
◇製造業が参入を狙うビジネスターゲットとは
◇製造業における情報収集手法
◇異業種や異分野を研究することの狙い
◇必見!ビジネストレンド探索に役立つ情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 第1部:河村 智人 氏(都合により講師が変わりました)
サイバネットシステム株式会社

第2部:石井 敦 氏、小峰 千明 氏
IHSグローバル株式会社 IHSオートモーティブ

第3部:菊池 健司
株式会社日本能率協会総合研究所
MDB
会 期 2015年2月3日(火)13:00〜17:00
会 場 電気文化会館 5F イベントホール(名古屋市中区栄2-2-5)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年2月1日(日)

2015年1月

【大阪開催】未来予測による事業構想

プログラム

第1部:
〜未来を見据えて「新商品・新事業」を創出する〜
未来予測による事業構想
1、未来の有望機会を探索する
(1)予測データからの事業機会探し
  ・医療ソリューションの事業機会事例
  ・事業アイデアの仮想カタログ
(2)イノベーションテーマからの事業機会探し
  ・食・農業分野の事業機会事例
  ・事業機会からのアイデア出し
(3)異業種アライアンスからの事業機会探し
  ・ビジネスアライアンス取り組み例
2、未来の事業を立案する
  ・需要予測事例
  ・FBU(Future Business Unit)の考え方
  ・将来に向けた事業モデルの変革視点

第2部:
〜未来を見据えた新事業探索のための〜
マーケティング情報収集法
1.新事業探索の調査依頼のトレンド
2.マーケティング情報収集の基本
3.未来の有望機会探索のための情報収集事例
4.情報収集力向上のためのポイント
5.必見!注目情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 第1部:池田 裕一
株式会社日本能率協会コンサルティング
技術戦略センター チーフ・コンサルタント

第2部:長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所 
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
会 期 2015年1月28日(水) 13:00〜16:30 (12:30 受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール 
大阪市西区土佐堀1-5-6
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年1月21日(水)
2015年1月22日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第17回MDBセミナー
ASEANのビジネス変化を自社戦略に連動させる
-グローバルビジネスを成功につなげるために-

プログラム

◇ASEANの変化
・製造拠点からマーケット、開発設計拠点への変化
・AEC(ASEAN経済共同体)で何が起こるか
◇ビジネス革新と人材育成の両輪がグローバル・ビジネスの成功につながる
・ビジネス・ロードマップを描く〜中計立案の革新
・グローバル人材を育てる
・グローバル人材育成の4つの視点
◇ビジネス革新に向けたマーケット情報の収集
・日本でのインターネットの情報収集だけでは絶対にビジネスは成功しない
・情報は無くて当たり前、いかに複数の情報からフェルミ推定的に仮説を描くか
・情報収集は日常業務、常に最新動向を掴む
・リサーチャーとのコラボレーションがキー

【東京開催】

講師 株式会社JMAホールディングス ASEAN推進センター センター長
株式会社日本能率協会コンサルティング シニア・コンサルタント
野元 伸一郎
会 期 2015年1月26日(月) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年1月18日(日)
2015年1月20日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第16回MDBセミナー
消費トレンド情報収集手法
〜情報コンサルタントが教えるトレンド情報収集の「コツ」〜

プログラム

◇MDBの問い合わせ内容に見られる変化とこれからの消費トレンド
 -2015年は〇〇世代をチェック!
◇消費トレンド情報の種類と情報収集手順
 -情報収集の基本ステップを理解する
◇消費トレンド情報収集におけるポイント
 -トレンドを1歩深読みする「コツ」がある
◇ケーススタディ
 -消費トレンド情報収集事例
◇すぐに使える!消費トレンド収集に役立つ情報源

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
吉田 理世
会 期 2015年1月13日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2015年1月5日(月)
2015年1月7日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2014年12月

★第15回MDBセミナー
新規事業・新商品開発のための情報収集手法

プログラム

◇意外に知られていない!新規事業・新商品開発における情報収集手法
◇情報収集に長けた企業の共通項
◇異業種探索とビジネスモデル
◇新規事業・新商品開発担当者のMDB利用方法ワンポイント
◇おススメ情報源のご紹介(調査資料・単行本・WEB)

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
若林 向平
会 期 2014年12月17日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年12月8日(月)
2014年12月10日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】
情報を活用して成功するソリューション営業の進め方

プログラム

1.市場の変化と営業に求められるもの

2.ソリューション営業の進め方
−顧客を洞察する
−顧客の課題を考察する
−課題解決策(ソリューション)を企画する

3.ソリューション営業の体系
−重要顧客と共創する体系
−共創を創出する仕掛け
−共創をモニタリングする仕組み

4.JMAC の支援内容の紹介
−ソリューション営業実践化プログラム紹介

【大阪開催】

講師 株式会社 日本能率協会コンサルティング
マーケティングセンター
チーフ・コンサルタント
坂田 英之
会 期 2014年12月15日(月) 14:00〜16:30 (13:30 受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール 
大阪市西区土佐堀1-5-6
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年12月8日(月)
2014年12月9日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】海外情報収集セミナー

プログラム

◇日本で入手できる海外情報とその特徴
◇海外情報の発行機関
◇海外商用データベースシステム
◇専門図書館
◇情報収集の際の留意点と事例紹介
◇現地調査での留意点

【大阪開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク大阪
情報コンサルタント
室田 由記
会 期 2014年12月2日 14:00〜16:30 (13:30 受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール 
(大阪市西区土佐堀1-5-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年11月25日(火)
2014年11月26日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第14回MDBセミナー
ビジネスモデル発想で進める新事業・新商品開発
〜新価値発想の5つの視点〜

プログラム

1.新規事業の推進状況
  -各社の取り組み状況と課題
  -新規事業の成功要件

2.ビジネスモデル発想で新価値を創る
  -ビジネスモデルの構成要素
  -新価値発想の5つの視点

3.競争優位を持続するビジネスモデルを構築する
  -変革チャートでビジネスモデルを転換する
  -好循環サイクルを構築する

4.推進ステップのご紹介
  -「ビジネスモデルクリエイション」推進プログラム

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
経営コンサルティングセンター チーフ・コンサルタント
栗栖 智宏 氏
会 期 2014年12月2日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年11月24日(月)
2014年11月26日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2014年11月

【名古屋開催】〜成熟社会の新事業の起こし方〜

プログラム

1.新事業開発環境

2.ビジネスモデルの構築と実行
  −ビジネスモデルの構築 
  〜ビジネスの本質を理解する〜
    ・顧客を理解する
    ・競合を理解する
    ・自社を理解する

  −ビジネスモデルの実行 
  〜ビジネスの好循環をつくる〜
    ・ビジネスモデルと意思決定
    ・2つの輪
    ・ストーリーを描く

3.JMAC ソリューションの紹介
  −ビジネスモデルクリエイションプログラム紹介

【大阪開催】

講師 株式会社 日本能率協会コンサルティング
経営コンサルティング事業本部
チーフ・コンサルタント
山中 淳一
会 期 2014年11月20日(木)   14:00〜16:30 (13:30 受付開始)
会 場 電気文化会館 5F イベントホール                  (名古屋市中区栄2-2-5)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年11月13日(木)
2014年11月14日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第13回MDBセミナー
海外展開の成功に向けたマーケティングリサーチの考え方

プログラム

1.海外展開時に役立つビジネス情報の概要
2.海外展開時に必要なリサーチの手法
3.最近のリサーチトレンドと事例 〜ASEANシフト等を例に〜
4.海外展開における調査設計のイメージ
5.海外展開時のリサーチにおけるポイントとは

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
海外市場調査部 部長
折間 賢一
会 期 2014年11月17日(月) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年11月6日(木)
2014年11月10日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第12回MDBセミナー
グローバル時代を勝ち抜くための海外情報収集手法
〜情報収集から始まる新興国攻略!〜*

プログラム

◇日本で入手できる海外情報とその特徴
◇海外情報の発行機関
◇海外商用データベースシステム
◇情報収集の際の留意点と事例紹介
◇最新のトピックス
◇現地調査での留意点
◇ASEANを中心とした新興国情報収集トピックス

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
牧野 和彦
会 期 2014年11月7日(金) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年10月29日(水)
2014年10月31日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2014年10月

【大阪開催】会社が元気になる中期経営計画

プログラム

1.これからの時代に求められる中計(中期経営計画)とは
 ・中計が重要になっている背景
 ・”会社が元気になる中計”の策定ポイント

2.「会社が元気になる中計」のコンセプト
 ・「わくわく戦略」×「実現力」がキーポイント
 ・プロフィット・デザイン視点での戦略発想
 ・チェンジリーダー・プログラムによる実現力の強化

3.「会社が元気になる中計」の実際
 ・インフラ系サービス会社の中計策定
 ・印刷会社の中計策定

4.「会社が元気になる中計」のまとめ

【大阪開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
戦略コンサルティングセンター コンサルタント
田中 和生 
会 期 2014年10月29日(水) 14:00〜16:30(13:30受付開始)
会 場 大阪国際交流センター 大会議室さくら
大阪市天王寺区上本町8-2-6
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年10月22日(水)
2014年10月23日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第11回MDBセミナー
研究開発部門におけるマーケティング力強化セミナー〜

プログラム

1.マーケティング理論と新事業・新商品企画への適用

2.カスタマーフォーカス新商品企画の概要

3.新商品企画の7つのステップ
-1.狙いの顧客の設定(Target)
-2.顧客研究("狭義"のCustomer Focus)
-3.価値創造(Value Creation)
-4.新商品構想(Product Concept)
-5.事業参入戦略(Business Strategy)
-6.事業化研究(Feasibility Study)
-7.実行計画(Action Plan)

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント
木村 壽男 氏
会 期 2014年10月28日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年10月19日(日)
2014年10月21日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【広島開催】新商品・新事業開発の進め方セミナー

プログラム

第1部:持続的に利益を生み出す「新商品・新事業」の仕組み
〜「プロフィット・デザイン」という発想〜
1.新商品・新事業に対するスタンスが変わった
 -1.良い製品・良いサービス、であっても成功しない
 -2.成功する新商品・新事業の新機軸
2.新商品・新事業を成功させるには“仕組み”が必要
 -1.新機軸を打ち出した企業に共通したスタンス
 -2.連続的に価値を提供する「プロフィット・ステップ」
3.新商品・新事業を成功させる3つの要素
 -1.フック :顧客を魅了する
 -2.ロック :顧客を離さない
 -3.チャージ:顧客の負担を軽くする

第2部:「新商品・新事業開発」で使える!
〜マーケティング情報収集法〜
1.情報収集の重要性
2.新商品・新事業関連の調査依頼のトレンド
3.マーケティング情報の種類と特徴
4.マーケティング情報収集の基本
5.ケーススタディ
6.情報収集力向上のためのポイント
7.必見!注目情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 第1部:横山 隆史
株式会社日本能率協会コンサルティング
シニアコンサルタント

第2部:長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所 
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
会 期 2014年10月10日(金)13:00〜16:30(12:30受付開始)
会 場 広島YMCA国際文化センター 3号館 2F多目的ホール   (広島市中区八丁堀7-11)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年10月3日(金)
2014年10月6日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第10回MDBセミナー
成長産業をたぐり寄せる情報収集手法
〜伸びゆくビジネスの息吹、感じていますか?〜

プログラム

1. 成長産業を見るための指標の数々
2. 今注目されているビジネステーマを知る
3. ”一部の人は知っている”成長産業を見る上で必要な発想
4. 業界再編を前提に「新事業・新商品」を考えてみる
5. まずは「これ」から始めてみませんか?
6. 成長産業を読み解くための厳選情報源のご紹介

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
菊池 健司
会 期 2014年10月6日(月) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年9月29日(月)
2014年10月1日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2014年9月

★第9回MDBセミナー
旧来の業界構造が破壊され、新たな産業生態系が誕生する
〜新しい視点による事業機会の発掘〜

プログラム

◇旧来の業種(分類)が無意味となり、全ての業種が情報産業化する
 ‐従来の業種から、4つの産業クラスターへの産業融合/再編の動き
 ‐インテリジェンスにより、従来産業生態系を破壊するイノベーション企業の勃興

◇新たな産業生態系を加速させる大きな力
 ‐『情報技術』、『規制緩和』、『グローバル』の3つの環境要因
 ‐そして何よりも『情報(知識)集積度の向上により、人間のコストパフォーマンスを超える時代に』

◇物のバリューチェーンから、5つの情報バリューチェーンへ
 ‐情報バリューチェーンを構成する5つの要素
 ‐顧客インテリジェンスとバリューチェーンのハブを押さえることが覇者の条件に
 ‐顧客インテリジェンスを支えるテクノロジーの進化

◇情報(インテリジェンス)経営に向けて
 ‐バリューチェーン経営 (新たな産業生態系におけるポジショニング)
 ‐センサー経営 (兆しと顧客密着)
 ‐オープン経営 (オープン型ビジネスプラットフォームとクラウド経営)
 ‐変革に向けたチェンジマネジメント (従来の資産が負債化するリスク回避)

【東京開催】

講師 (株)ICT ソリューション・コンサルティング 代表取締役社長
冨永 孝 氏
会 期 2014年9月24日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年9月15日(月)
2014年9月17日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】技術者・研究開発者のためのマーケティング情報収集セミナー

プログラム

〈プログラム予定〉
1.市場を意識した研究開発の重要性
   −MDBユーザーにみる情報収集と活用の傾向
2.マーケティングとは
   −マーケティングの定義
   −マーケティングの4Pと3C
3.マーケティング情報の要素・分類
   −重要なマーケティング情報の要素を見極める
   −一次情報と二次情報の違いと使い分け
   −マーケティング情報収集の留意点
4.マーケティング情報の情報源
5.マーケティング情報収集の事例研究

【大阪開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク大阪
情報コンサルタント
鳥海 正行
会 期 2014年9月16日(火)14:00〜16:30(13:30受付開始)
会 場 大阪国際交流センター 大会議室さくら                          (大阪市天王寺区上本町8-2-6)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年9月9日(火)
2014年9月10日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第8回MDBセミナー
成熟社会の新事業の起こし方
〜ビジネスモデルクリエイション〜

プログラム

1.昨今の新事業開発環境の理解

2.成熟社会における新事業の起こし方
 2−1.ビジネスモデルの構想面でのポイント
  ・新規事業の定石 と 推進上の悩み
  ・ビジネスモデル競争における新規事業成功の要件
  ・ビジネスモデル・クリエイションの推進ステップ と 推進ポイント
 2−2.ビジネスモデルの実行面でのポイント
  ・経営改革、ビジネスモデルの実行を阻む「しがらみ」
  ・「しがらみ」突破に向けた検討ポイント
  ・実行を後押しする推進体制の構築

3.「ビジネスモデル・クリエイション」プログラム・ワークショップのご紹介

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
経営コンサルティング事業本部 チーフ・コンサルタント
山中 淳一 氏
会 期 2014年9月11日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年9月2日(火)
2014年9月4日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2014年8月

★第7回MDBセミナー
顧客洞察を起点とした新しいマーケティング革新
〜深く新しい関係を築く”シン”マーケティング〜

プログラム

1.“シン”マーケティングとその背景
   (1)20年ぶりのマーケティング変革
   (2)これからの企業に求められる3つの“シン”機能
   (3)核となる「顧客洞察」の重要性

2.“シン”マーケティングの導入
   (1)マーケティング機能の抜本的な再構築
    ・目指す顧客との関係の鮮明化
    ・マーケティング機能の総点検
    ・現機能の改善ではなくゼロベースでの設計
    ・顧客洞察機能の作り方
   (2)機能別の導入
    ・顧客洞察による製品・サービス開発
    ・ソリューション営業への応用
    ・アフターサービスのマーケティング機能強化
    ・“シン”マーケティングにおけるコンタクトセンターのあり方

3.“シン”マーケティングを阻むもの
   (1)トップダウンが必要不可欠
   (2)「延長線上」の安心感をいかに打破するか
   (3)ビジネスとして成立させる思考と技倆を磨く

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
経営コンサルティング事業本部 シニア・コンサルタント
江渡 康裕 氏
会 期 2014年8月28日(木) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年8月19日(火)
2014年8月21日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第6回MDBセミナー
『R&D部門のためのマーケティング情報収集セミナー』

プログラム

1.市場を意識した研究開発の重要性
  −MDBユーザーにみる情報収集と活用の傾向
2.マーケティングとは
  −マーケティングの定義
  −マーケティングの4Pと3C
3.マーケティング情報の要素・分類
  −重要なマーケティング情報の要素を見極める
  −一次情報と二次情報の違いと使い分け
  −マーケティング情報収集の留意点
4.マーケティング情報の情報源
5.マーケティング情報収集の事例研究

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
牧野 和彦
会 期 2014年8月6日(水) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年7月28日(月)
2014年7月30日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2014年7月

【大阪開催】自社の強みを活かして、事業を創る

プログラム

1.新事業開発環境

2.ビジネスモデルの構築と実行
  −ビジネスモデルの構築
   〜ビジネスの本質を理解する〜
    ・顧客を理解する
    ・競合を理解する
    ・自社を理解する

  −ビジネスモデルの実行
   〜ビジネスの好循環をつくる〜
    ・ビジネスモデルと意思決定
    ・2つの輪
    ・ストーリーを描く

3.JMAC ソリューションの紹介
  −ビジネスモデルクリエイションプログラム紹介

【大阪開催】

講師 株式会社 日本能率協会コンサルティング
経営コンサルティング事業本部
チーフ・コンサルタント
山中 淳一
会 期 2014年7月24日 14:00〜16:30 (13:30 受付開始)
会 場 大阪市中央公会堂 中集会室 
大阪市北区中之島1-1-27
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2017年7月17日(月)
2014年7月18日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】『官庁統計セミナー』
〜ビジネスヒントは官庁統計から掴む!〜

プログラム

<予定>
1. 官庁統計の基本
 -1. 情報源としての位置付け
 -2. 調査目的
 -3. 特徴(長所・短所)
 -4. 利用時の留意点

2. マーケティングでこんなに使える官庁統計
 -1. 官庁統計でわかること
 -2. インターネットと官庁統計
 -3. 月次統計で景気動向を把握する
 -4. 活用・探索事例紹介
 -5. 応用事例紹介

3. 官庁統計の最新動向

4. まとめ

【大阪開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)
情報コンサルタント
長谷川 玲
会 期 2014年7月10日(木) 14:00〜16:00 (13:30受付開始)
会 場 総合生涯学習センター 第1研修室(大阪府大阪市北区梅田1-2-2-500)
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 30名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年7月3日(木)
2017年7月4日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【福岡開催】新商品・新事業開発の進め方セミナー

プログラム

第1部:持続的に利益を生み出す「新商品・新事業」の仕組み
〜「プロフィット・デザイン」という発想〜
1.新商品・新事業に対するスタンスが変わった
 -1.良い製品・良いサービス、であっても成功しない
 -2.成功する新商品・新事業の新機軸
2.新商品・新事業を成功させるには“仕組み”が必要
 -1.新機軸を打ち出した企業に共通したスタンス
 -2.連続的に価値を提供する「プロフィット・ステップ」
3.新商品・新事業を成功させる3つの要素
 -1.フック :顧客を魅了する
 -2.ロック :顧客を離さない
 -3.チャージ:顧客の負担を軽くする

第2部:「新商品・新事業開発」で使える!
〜マーケティング情報収集法〜
1.情報収集の重要性
2.新商品・新事業関連の調査依頼のトレンド
3.マーケティング情報の種類と特徴
4.マーケティング情報収集の基本
5.ケーススタディ
6.情報収集力向上のためのポイント
7.必見!注目情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 第1部:横山 隆史
株式会社日本能率協会コンサルティング
シニアコンサルタント

第2部:長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所 
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
会 期 2014年7月7日(月)13:00〜16:30(12:30受付開始)
会 場 福岡県中小企業振興センター(福岡市博多区吉塚本町)401号室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年6月30日(月)
2014年7月1日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第5回MDBセミナー
『会社が元気になる中期経営計画』
〜現場が主導する中計策定のポイント〜

プログラム

1.これからの時代に求められる中計(中期経営計画)とは
 ・中計が重要になっている背景
 ・”会社が元気になる中計”の策定ポイント

2.「会社が元気になる中計」のコンセプト
 ・「わくわく戦略」×「実現力」がキーポイント
 ・プロフィット・デザイン視点での戦略発想
 ・チェンジリーダー・プログラムによる実現力の強化

3.「会社が元気になる中計」の実際
 ・インフラ系サービス会社の中計策定
 ・印刷会社の中計策定

4.「会社が元気になる中計」のまとめ

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
経営コンサルティング事業本部 コンサルタント
田中 和生 氏
会 期 2014年7月4日(金) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年6月25日(水)
2014年6月27日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2014年6月

【大阪開催】マーケティング情報収集入門セミナー

プログラム

〈プログラム予定〉
1.情報収集を取り巻く環境の変化
2.近年のマーケティング情報のトレンド
3.マーケティング情報の種類と特徴
4.情報収集活動の基本ステップ
5.情報収集力向上のためのアドバイス
6.ケーススタディからみる情報検索のポイント
7.使える!便利な情報源の紹介

【大阪開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク大阪
情報コンサルタント
水野 恵子
会 期 2014年6月24日(火)14:00〜16:30(13:30受付開始)
会 場 大阪YMCA国際文化センター 2Fホール
大阪市西区土佐堀1-5-6
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年6月17日(火)
2014年6月18日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第4回MDBセミナー
『官庁統計セミナー』
〜ビジネスヒントは官庁統計から掴む!〜

プログラム

1.官庁データの基本
  1.情報源としての位置付け
  2.目的
  3.特徴(長所・短所)
  4.留意点(調査年、用語の定義・名称など)

2.マーケティングでこんなに使える官庁データ
  1.官庁データでわかること
  2.インターネットと官庁データ
  3.月次統計で景気動向を把握する
  4.活用、探索事例、応用事例紹介

3.官庁データの最新動向

4.まとめ

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
清水 裕史
会 期 2014年6月23日(月) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年6月15日(日)
2014年6月17日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第3回MDBセミナー
「足元からのパラダイムシフト」
〜未来の事業機会の”少し変わった”見つけ方〜

プログラム

1.将来の変化の兆しからの発想法
・スマホ・タブレットは携帯電話・パソコンの置き換えだけではない
・兆しが本格化したら何が変わるのかを考える
・他業界の変化からアナロジーする

2.見落としがちな将来の事業機会の見つけ方
・アンゾフのマトリックスの盲点
・ライフサイクル後期(成熟・衰退期)がチャンス
・「衰退」とは別の何かが「成長」すること

3.真の意味で中長期に戦略を考えるとは
・時間をかけて取り組む意義は、パラダイムを変えること
・社内の抵抗勢力との対峙のしかた
・ポートフォリオマネジメントの真の意味

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
R&D組織革新センター
チーフ・コンサルタント
塚松 一也 氏
会 期 2014年6月9日(月) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年6月1日(日)
2014年6月3日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【名古屋開催】新商品・新事業開発の進め方セミナー

プログラム

第1部:持続的に利益を生み出す「新商品・新事業」の仕組み
〜「プロフィット・デザイン」という発想〜
1.新商品・新事業に対するスタンスが変わった
 -1.良い製品・良いサービス、であっても成功しない
 -2.成功する新商品・新事業の新機軸
2.新商品・新事業を成功させるには“仕組み”が必要
 -1.新機軸を打ち出した企業に共通したスタンス
 -2.連続的に価値を提供する「プロフィット・ステップ」
3.新商品・新事業を成功させる3つの要素
 -1.フック :顧客を魅了する
 -2.ロック :顧客を離さない
 -3.チャージ:顧客の負担を軽くする

第2部:「新商品・新事業開発」で使える!
〜マーケティング情報収集法〜
1.情報収集の重要性
2.新商品・新事業関連の調査依頼のトレンド
3.マーケティング情報の種類と特徴
4.マーケティング情報収集の基本
5.ケーススタディ
6.情報収集力向上のためのポイント
7.必見!注目情報源のご紹介

【大阪開催】

講師 第1部:横山 隆史
株式会社日本能率協会コンサルティング
シニアコンサルタント
第2部:長谷川 玲
株式会社日本能率協会総合研究所 
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
会 期 2014年6月6日(金)13:00〜16:30(12:30受付開始)
会 場 電気文化会館(名古屋市中区栄2-2-5) 5F イベントホール
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 100名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年5月30日(金)
2014年6月2日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

2014年5月

★第2回MDBセミナー
マーケティング情報収集入門
〜あなたのビジネスに役立つ情報収集法!〜

プログラム

1.マーケティング情報とは?
2.マーケティング情報収集アプローチ
3.情報源の特徴を掴む
4.情報収集力を高めるためのポイント
5.情報収集の流れがわかるCase Study
6.お勧め情報源一覧

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会総合研究所
マーケティング・データ・バンク(MDB)情報コンサルタント
宮城島 匡章
会 期 2014年5月27日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 300名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年5月19日(月)
2014年5月21日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

★第1回MDBセミナー
持続的に利益を生み出す「新商品・新事業」の仕組み
〜「プロフィット・デザイン」という発想〜
良い製品・良いサービスだけでは売れない時代に!!

プログラム

1.新商品・新事業に対するスタンスが変わった
  -1.良い製品・良いサービス、であっても成功しない  
  -2.成功する新商品・新事業の新機軸

2.新商品・新事業を成功させるには“仕組み”が必要だった
  -1.新機軸を打ち出した企業に共通したスタンス  
  -2.連続的に価値を提供する「プロフィット・ステップ」

3.新商品・新事業を成功させる3つの要素
  -1.フック:顧客を魅了する
  -2.ロック:顧客を離さない
  -3.チャージ:顧客の負担を軽くする

【東京開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント
横山 隆史 氏
会 期 2014年5月13日(火) 10:00〜12:00(9:30受付開始)
会 場 中央大学駿河台記念館 281号教室
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 280名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年5月7日(水)
2014年5月9日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

【大阪開催】〜「プロフィット・デザイン」という発想〜

プログラム

1.新商品・新事業に対するスタンスが変わった
  -1.良い製品・良いサービス、であっても成功しない  
  -2.成功する新商品・新事業の新機軸

2.新商品・新事業を成功させるには“仕組み”が必要だった
  -1.新機軸を打ち出した企業に共通したスタンス  
  -2.連続的に価値を提供する「プロフィット・ステップ」

3.新商品・新事業を成功させる3つの要素
  -1.フック:顧客を魅了する
  -2.ロック:顧客を離さない
  -3.チャージ:顧客の負担を軽くする

【大阪開催】

講師 株式会社日本能率協会コンサルティング
シニア・コンサルタント
横山 隆史
会 期 2014年5月12日(月)14:00〜16:30(13:30受付開始)
会 場 大阪国際交流センター 大会議室さくら
大阪市天王寺区上本町8-2-6
ご招待人数 2名様/メンバー
定 員 150名 (定員に達し次第参加申込を締め切らせていただきます。予めご了承ください。)
申込締切 2014年4月28日(月)
2014年4月30日までに参加証が届かなかった場合は、セミナー事務局(mdb_seminar@jmar.co.jp)までご連絡ください。

MDBセミナーに関するお問い合わせ先

MDBセミナー事務局
(東京) TEL 03-6202-1301
(大阪) TEL 06-6233-2306
E-mail : mdb_seminar@jmar.co.jp